JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
9circleに今すぐ質問する
9circle
9circle, 二級自動車整備士
カテゴリ: スバル
満足したユーザー: 583
経験:  公共職業訓練後、二級自動車整備士、自動車検査員資格取得、現在認証工場勤務。国内外の自動車修理全般に携わってます。
67477856
ここに スバル に関する質問を入力してください。
9circleがオンラインで質問受付中

車検が切れて1年半から2年くらいたったお車の車検とTBの交換を依頼されました。

解決済みの質問:

車検が切れて1年半から2年くらいたったお車の車検とTBの交換を依頼されました。 作業が完了しエンジンはかかりレーシングすると回転もあがるのですが、ナンバーつける前なので、敷地内で加速してみるとどうもふけが鈍いのです。4気筒のうち1気筒か2気筒燃焼していないような気がしていろいろ試してみましたが、原因がわかりません。新品に交換したスパークプラグを外してみると、運転席側の1と3番シリンダは燃焼した形跡が全くありません。(濡れているだけ) 助手席側2番と4番シリンダはくすぶりながらも燃焼した形跡が見て取れます。もちろんパワーバランステストも行いましたが、やはり、プラグの状態ののとおり、1番と3番はコイルコネクタ抜いても変化なし。2番と4番はコイルコネクタ抜くと変化が現れます。コイルの位置をすべて変えながらパワーバランステストを行うと、すべてのコイルが正常であることがわかりました。次に、コンプレッションロステスタで各気筒を測定したところ、若干のばらつきはあるものの10%~4%で、むしろ燃焼していないと思われる右側の1と3番シリンダのほうが圧縮漏れが少ないくらいです。残るは燃料です。インジェクタの作動音は4気筒ともOK。1と2番シリンダのインジェクタを入れ替えパワーバランステストを行うと、インジェクタそのものは異常がないことが判りました。燃圧は燃料ダンパーのところで測ってみると2.7kg/cm2 で基準値299kpよりやや低いといったところです。このくらいの燃圧低下で、しかも右側(1と3番)だけエンジンが打たないようなことになるものでしょうか?  燃料は新しいものと入れ替えました。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: スバル
専門家:  9circle 返答済み 2 年 前.
9circle :

はじめまして。自動車整備士の9circleと申します。 ご質問内容を拝見し、大変お困りのこととお察しいたします。 少しでもお役に立てればと思い、投稿させていただきました。

9circle :

タイミングベルトの交換をされたとのことですが、タイミングベルトの掛かりの状態(タイミング、張力とも)の確認は不調になってからは再確認を実施されましたでしょうか?

9circle :

もちろん組みにくいのは助手席側バンクで、今回の不調が出ている方と反対側になりますが、確認のためです情報提供にご協力ください

Customer:

はい。再度タイミングカバーを外し


Customer:

確認しました。タイミングのズレはなく、張力もオートテンショナーを交換しているので問題ないと思います

9circle :

早速のご回答に感謝申し上げます。

9circle :

タイミングベルト交換前のエンジンの調子はいかがでしたか?

Customer:

ズバババというような排気音で、オオキイト思いましたが、レガシイでマフラーを交換しているからこんなものかなと思いました。整備完了後も最初はこんなものかと思ったくらいです。

9circle :

ありがとうございます。ではタイミングベルト交換前から不調は出ていた可能性が高いと察します。

9circle :

コイル、プラグの交換テストを実施されて、それらの単体不調はないとし

9circle :

インジェクターも同様の試験を1番2番のみされたことと、不調のあるシリンダのプラグがガソリンで湿っていることを考えると

9circle :

運転席側バンクのコイルに通電されておらず、スパークプラグに火が飛んでいない印象がありますが、目視でスパークの点検などをじっしされましたでしょうか?

9circle :

また、エンジンコンピュータの故障履歴の閲覧の結果はいかがでしょうか?

Customer:

はい。1番シリンダに4つのコイルを順番に接続しスパークを確認しました。これで、コイルそのものの不良はないと考えました。スパークは、プラグ外部電極をボディアースから3センチ近く離してもバチバチとスパークしていました。

Customer:

ボディアースはインマニなどです。

Customer:

故障コードは出ていないようでした。エアフロのコネクタを抜いたときにチェックランプがついたくらいです。

9circle :

非常に詳しい情報提供ありがとうございます。とても的確な点検をされています。

9circle :

伺う範囲では、1番3番の点火タイミングがなんらかの理由でズレているとしか考えられません。

9circle :

オシロなどで点火の波形などを確認できればよいのですが、確認は難しいでしょうか?

Customer:

何とか出来ると思いますが、コイルのコネクタの配線で測るのですか? 一度に4気筒を見るのは無理かも知れません

9circle :

ありがとうございます。クランク角センサーの出力との相対を見れば2チャンネルで十分と思います。コイルのコネクタかもしくはエンジンコンピュータの該当するコネクタで測定してみてください。

9circle :

何か気づいたことがありましたら適時お知らせいたします。大変な状況かと存じますが、当方一旦会話を保留させていただきますのでよろしくお願いします。

Customer:

ありがとうございました。

Customer:

やり方がよく分かりませんがやってみます

9circleをはじめその他名のスバルカテゴリの専門家が質問受付中

スバル についての関連する質問