JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
9circleに今すぐ質問する
9circle
9circle, 二級自動車整備士
カテゴリ: スバル
満足したユーザー: 590
経験:  公共職業訓練後、二級自動車整備士、自動車検査員資格取得、現在認証工場勤務。国内外の自動車修理全般に携わってます。
67477856
ここに スバル に関する質問を入力してください。
9circleがオンラインで質問受付中

レガシィBG9(平成9年)です。 リザーブタンクの冷却水からポコポコ気泡があがります。 坂道を走行するとタンクか

質問者の質問

レガシィBG9(平成9年)です。
リザーブタンクの冷却水からポコポコ気泡があがります。
坂道を走行するとタンクから溢れそうなくらいに水位が上がり、
2回ほど水温計が上がったこともあります。
キャップ、サーモスタットは交換しました。
エンジンの異音はなく快調でヒーターも効いていますが、
気泡があがり続けています。
軽度のヘッドガスケット抜けと判断してよいのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: スバル
専門家:  9circle 返答済み 3 年 前.
はじめまして。自動車整備士の9circleと申します。

ご質問内容を拝見し、大変お困りのこととお察しいたします。
少しでもお役に立てればと思い、投稿させていただきました。

症状を伺う範囲では、ヘッドガスケット抜けの可能性が高いと思います。

ガスケットが抜けている場合、クーラント内に燃料ガスが混入しますので酸性を帯びます。これを検知する試薬があります。一般の整備工場では常備しているところとそうでないところがございますが、中学の理科の実験で中和滴定に使う、いわゆるBTB溶液です。(アルカリ性:青、中性:緑、酸性:黄色に変色します)で判断が可能です。

酸性を帯びたクーラントは急激に水路を腐らせます。補水のみでは状態を悪化させる一方ですので適正な判断と処置をお願いします。