JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
9circleに今すぐ質問する
9circle
9circle, 二級自動車整備士
カテゴリ: スバル
満足したユーザー: 589
経験:  公共職業訓練後、二級自動車整備士、自動車検査員資格取得、現在認証工場勤務。国内外の自動車修理全般に携わってます。
67477856
ここに スバル に関する質問を入力してください。
9circleがオンラインで質問受付中

もう30年車に乗っています。 現在は、レガシィ アウトバック3.6R(平成22年式)を1年落ちの中古で買いまし

解決済みの質問:

もう30年車に乗っています。

現在は、レガシィ アウトバック3.6R(平成22年式)を1年落ちの中古で買いました(その前はレガシィB4 3.0R 18年式に乗っていました)が、購入時よりライトを点灯した際に、すぐ前しか照らさない状態でした。
その後、ディーラーで光軸を見てもらった所、かなり下向きになっていましたので直しました、と云う事でした。

その結果ですが、片側1車線 でガードレールのある道路でライトを点けると、ガードレールが乱反射して前が良く見えません。
また、片側2車線の道路で中央寄りを走った場合は、明らかに左側の車線の方が明るい状態であり、いずれの状況でもセンターラインは殆ど見えず、左コーナーの場合は明るいのですが、右コーナーの場合は暗闇に飛び込む感じです。

その為、ディーラーで再度の光軸調整を依頼し、数値的には左右のライトとも、テスターで左に5・下に10(単位不明)の適正値に合わせましたと言われましたが、状況的には全く変わりませんでした。
最終的に、左右ライトともテスターで右に20・下に12に無理を言ってしてもらい、現在は特に違和感は無くなりましたが、何となく暗い感じがあります。

テスターで適正値に合わせても、実際は支障があった原因を教えていただけないでしょうか。
それが分かれば修理したいと考えています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: スバル
専門家:  9circle 返答済み 3 年 前.
はじめまして。自動車整備士の9circleと申します。

ご質問内容を拝見し、大変お困りのこととお察しいたします。
少しでもお役に立てればと思い、投稿させていただきました。

ロービームでヘッドライトテスターを用いて光軸測定する場合を基にお話を進めます。
万が一ハイビームでの測定を行っていた場合、ロービームが基本ですので再測定をお願いしてください。

ご承知のとおり、ロービームは対向車への防眩に加え、左側の歩行者、自転車などの視認性向上の目的で配光に特徴があり、独特の照射パターンになっています。

夜間、壁などから10メートルほど離れてクルマを正対させでロービームを点灯すると照射パターンが分かりやすいとおもいます。
水平ラインと、左肩上がりの斜めラインが見て取れると思います。この形状を以下、肘を曲げたような形状ということでエルボーと呼ぶことにします。(車種によっては左肩上がりになってすぐに水平になるZパターンと呼ばれるものもあります。例:トヨタマークX、日産セレナなど。蛇足ですが右側通行の国の車はロービームの配光パターンが鏡面対称です。)

この水平と斜めのラインの交差点をエルボー点といい、この点が光軸として測定されます。
光軸の単位はcm/10m。車両のヘッドライト取り付け位置(ヘッドライトレンズ表面に小さな丸や四角でマークがございます)に対し10m先で上下左右にどれだけ変位があるかを示しています。

ヘッドライトテスターにも種類があります。

まず、自動でエルボー点の計測するタイプのもの。定型のエルボーを実際の照射パターンに宛がうようなイメージでヘッドライトテスター内で解析されています。この定型エルボーが実際の照射パターンと角度が違っていたり、前述のZパターンであったりで、測定誤差が大きくなる原因となっています。

そして手動タイプのものがございます。簡易なテスターでして、テスターに備わるスクリーンに映し出されるパターンを目視で確認し、測定・調整するタイプのものです。操作者の習熟度によりますが、人の目の認識の方が前述の自動測定よりフレキシブルですので、比較的測定精度はよいといえるでしょう。


ここから先は、私の経験のお話です。

ロービームの光軸測定は照射パターンからエルボー点の位置を求めます。
エルボー点は最高光度点(照射パターンで一番明るい場所)とは異なります。

エルボー点と最高光度点の位置が近いものは違和感が少ないのですが、大きく離れているタイプのヘッドライトは下側左側に大きくずれている傾向にあります。

わたしは保安基準範囲内(下2~15cm/10m、左右20cm/10m以内、)で対向車への配慮と、運転者の視認性の妥協点を見つけて調整を行うよう心がけています。テスターの測定結果はあくまでも参考で、夜間の実際の照射具合に重点をおいています。


ご参考までに。
9circleをはじめその他名のスバルカテゴリの専門家が質問受付中