JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yymmに今すぐ質問する
yymm
yymm, 二級自動車整備士
カテゴリ: スバル
満足したユーザー: 386
経験:  民間指定工場のメカニックです。国産車を主に取り扱っています。
61013598
ここに スバル に関する質問を入力してください。
yymmがオンラインで質問受付中

エクシーガ2.0GT(2012年登録)に乗っています。朝、ちょっと元気よく峠の上りを走行中、右カーブでクリッピングポ

質問者の質問

エクシーガ2.0GT(2012年登録)に乗っています。朝、ちょっと元気よく峠の上りを走行中、右カーブでクリッピングポイントを過ぎてジワーっとアクセルを踏んだところ、エンジンが急に息つきをし、その後、ベルトが空回りした時のような「キューッ」という音がした後、「シューッ」という圧縮空気が漏れる音がかなり大きく聞こえるようになりました。この音はブースト圧がかかると聞こえます。ブースト圧に比例して音が強くなります。
ハーフスロットルでは加速もブースト圧も普段と変わらないぐらいで すが、エンジンが壊れてしまうのが怖くてフルスロットルはしませんでした。
エンジン、吸排気系はノーマルです。ただし、ブリッツのスロットルコントロール、AVOのブーストコントローラーを自分でつけています。
当時の設定は、スロットルコントローラーはmild2、ブーストコントローラーは最大1kg、ゲインは60に設定していました。
症状が出た時のブースト圧は確認しておりませんでした。
以上のような状態です。どこかのホース類が外れてしまったのでしょうか。
どなたか御教示お願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: スバル
専門家:  9circle 返答済み 4 年 前.
はじめまして。自動車整備士の9circleと申します。

ご質問内容を拝見し、大変お困りのこととお察しいたします。
少しでもお役に立てればと思い、投稿させていただきました。

まず最初に疑うべきは、後付けのブーストコントローラです。

ノーマルの配管に割り込ませるように取り付けてある箇所があると思いますが、元に戻せるようでしたら一旦ノーマルに戻してみてください。

よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

はじめまして



早速、御回答いただき、ありがとうございます。


 


御指摘のとおり、一旦ノーマルに戻してみます。


 


その後、結果について返信いたします。


 


ありがとうございました。

専門家:  9circle 返答済み 4 年 前.

よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

一旦ノーマルに戻して走行したところ、やはり空気が圧縮され始めると「シュー」音が出始め、陽圧になるにしたがって音も大きくなります。


 


ブースト圧は1.13kgぐらいまで上がりますが、この数値は、緩やかな上り坂で、s#、AT 4速固定、40km/hからフルスロットルで加速した時のもので、エンジン回転数は3000rpmから4000rpmぐらいだったかと思います。


 


定速走行(50km/h位)から急にフルスロットルすると、やはり昨日症状が出始めた時のような「キューッ」という音が、低いですが確認できました。


 


ブローオフバルブは機能しているようですが、症状が出た後の方が音が大きい感じがします。


 


加速については、当初のノーマル時よりもかなり鈍い感じがします。


 


再度、よろしくお願いいたします。

専門家:  9circle 返答済み 4 年 前.

詳しいお知らせありがとうございます。

ひとつ確認したいことがございます。
社外品のブローオフバルブを装着されていますか?

質問者: 返答済み 4 年 前.

ブローオフバルブは、ノーマルです。
スロットルコントローラー、ブーストコントローラー以外はすべてノーマルです。


よろしくお願いいたします。

専門家:  9circle 返答済み 4 年 前.
大変お待たせいたしまして申し訳ございません。

いろいろ調査しましたが、当方に質問者さまと合致する事例がなく、現車を拝見できない状況でのアドバイスが困難です。

一旦回答を辞退させていただき、他の専門家に回答権を譲りたいと思います。

お役に立てず申し訳ありませんでした。

専門家:  yymm 返答済み 4 年 前.
ブーストメーターが負圧の時の調子はわるくないですか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

はじめまして よろしくお願いいたします。


 


負圧の時は、アイドリングも安定していますし、走行中も息つきなどは発生しておりません。


負圧でも、タービンが回り始めて、自然吸気流入量よりも多くの空気が入り始めると、音がし始まります。


 


どこかの弁様のものが圧力に負けて外に飛び出し、戻らなくなってしまったような気がします。その状態ですと、負圧の時は弁様のものが負圧により密着してアイドリングが安定し、陽圧になるに従い、弁様のものが押し出されて空気が漏れている感じがします。


または、プラスティックの部分に亀裂等が入り圧力に負けて膨らみ、空気が抜けているのかとも思います。


 


よろしくお願いいたします。

専門家:  yymm 返答済み 4 年 前.
はい。ご指摘の通りパイピング抜けの可能性があります。
私が資料を見てアドバイスし質問者様に不具合箇所を特定してもらい修理をする事が出来るかもしれません。

最近こちらがアドバイスをしても質問者様が途中で投出し時間の無駄だったという事が多々有ります(汗

整備の経験はありますか?
やれますか?

まず資料があるか確認します。
現車が見れないので整備書だけが私の頼りです。

お返事待っております。
いまから資料をあたってみます。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。
残念ながら、整備書はありません。 が、整備の経験はあります。


 


整備する環境はというと、全然ではありますが、何とか頑張ります。


もし、整備工場でなければできないことがありましたら、知り合いの整備工場で行いますので、よろしくお願いいたします。

専門家:  yymm 返答済み 4 年 前.
了解しました。

ブーストかかかった時に異音という事なのでタービン後、インタークーラーからインマニまでとブローオフ周り、配管の点検からはいって行きましょう。
またご連絡します。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。
しかしながら、通勤に使用しているため、あまり時間がかかると困ってしまいますので、今回はディーラーに預けようと思います。まだ新車ですし、保証がきくかもしれませんので。


 


故障した箇所、原因等がわかりましたら、御連絡したいと思います。それまでお付き合いいただければと思いますが、いかがでしょうか。

専門家:  yymm 返答済み 4 年 前.
そうですね。わたしもみのがしておりました。2012年式ですね。申し訳ございません。今回はディーラーさんに保証でしてもらった方が良いと思います。自分で弄くると面倒な事になりますものね。わからない事があればお気軽にご相談ください。わたしも参考にさせていただきますのでお時間があれば大変助かり勉強になります。よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

それでは、結果が出るまで、今しばらくお待ちください。


ありがとうございました。

質問者: 返答済み 4 年 前.

おはようございます。


先日、ディーラーへ持ち込みました。


インタークーラーを外してパイプ等を見ていたようです。


2時間ぐらいかかっていましたが、パイプの抜け、亀裂、ひび割れ等は発見できず、そのまま組み上げて、後日1週間ほど車を預かるとのことで、日程を調整して帰宅の途につきました。


するとどうでしょう、症状が治まっていました。その旨をディーラーの整備してくれた方へ連絡したところ、1週間ほど様子を見てくださいとのことでした。


外したところを確認すると、インタークーラーのみとのことでしたので、インタークーラーからエキマニにつながるところが怪しいと思ったのですが、どうでしょうか。締め付けが甘かったのですかね。

専門家:  yymm 返答済み 4 年 前.
資料を見てまとめた後再度連絡をします。

ディーラーさんではどこの部分が怪しかったのでこのような対策を一応とってますという説明はなかったのですね。
それなら症状が再発する可能性もありますね。

しばらくお待ちください。
専門家:  yymm 返答済み 4 年 前.
お待たせしました。
ターボチャージャーとインタークーラーの結合部にオーリングが使われています。
整備書によると分解した際は新品のオーリングを使用する事とあります。

ですので分解さ れているのであれば悪くても悪くなくても交換する部品になります。
ここから先はわたしが勝手に思っていることですが、分解し目視で確認したところオーリングが怪しい。
分解したら交換しないといけない部品なのでとりあえず交換し様子を見てもらうことに…

タービン後、インタークーラーの前なので比較的温度が高くオーリングが熱で劣化し硬くなって縮みそこからタービンで圧縮された空気が漏れていたのではないかと予想しています。


分解しオーリングがきちんと交換されていればまた数年その部分については問題なく乗れると思います。

やはり少しの間様子をみないといけないかもしれません。

このような説明がディーラーさんから有ってもおかしくないとおもいますが…

yymm, 二級自動車整備士
カテゴリ: スバル
満足したユーザー: 386
経験: 民間指定工場のメカニックです。国産車を主に取り扱っています。
yymmをはじめその他名のスバルカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

オーリングの交換について、一言もありませんでした。


オーリング自体交換しているのかどうかも疑問です。


取り敢えず様子を見てみます。


ありがとうございました。


また何かあった際には、よろしくお願いいたします。