JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yymmに今すぐ質問する
yymm
yymm, 二級自動車整備士
カテゴリ: スバル
満足したユーザー: 386
経験:  民間指定工場のメカニックです。国産車を主に取り扱っています。
61013598
ここに スバル に関する質問を入力してください。
yymmがオンラインで質問受付中

こんばんわ。 自動車整備士の資格取得の勉強をしている者です。 今度私が乗っている、スバルプレオのCVTオイルを勉

質問者の質問

こんばんわ。
自動車整備士の資格取得の勉強をしている者です。
今度私が乗っている、スバルプレオのCVTオイルを勉強も兼ねて自分で交換しようと思っています。
3年前に新車で購入して走行距離は38,000Kmで、今回が1回目の交換となります。
チェンジャーを使って行う予定ですが良く解らない点は、AT車の全自動モードでのATF交換と同様、抜き取りと注入の 際にはエンジンをかけたままで良いのかです。
ある知人はエンジンを止めて行うと教えてくれましたが、ガソリンスタンド勤務の知人はエンジンをかけたままで行うと教えてくれました。
また、教科書には原則とし循環方式のマニュアルモード(エンジン停止)で抜き取り量と注入量を確認しつつ行う、と書いてありました。
一体どちらが本当なのかよく解りません。
エンジンをかけて行った場合と、止めて行った場合ではどのように違うのでしょうか?。
ご教授をお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: スバル
専門家:  yymm 返答済み 4 年 前.
ご質問ありがとうございます。
まずエンジンをかけて行う場合と止めて行う件です。

これはお使いのトルコンチェンジャーによって違うと思いますがエンジンを止めて行う自動モード(ATFレベルゲージにノズルを挿す→新油を入れる→数分待つ→抜く→新油を入れるの繰返し)では基本的エンジンを始動しPレンジで行います。


私の会社にチェンジャーの業者が来た時はエンジンを始動したままPレンジで行うと説明が有りました。
ATFオイルパンの中はPレンジでもオイルの循環は行われております。

新油を入れ数分待つ事により入れた新油がATの各部にまわりまた汚れて戻ってくる。
またそれを抜く数分待つ各部にまわり汚れて…の繰り返しによって少しづつATFが奇麗になります。

エンジンを止めたままではオイルパンのオイルしか抜き取りができません。
つまりエンジンを止めて行う事もできますが止めて行う場合はATF抜き取り→新油給油→エンジン始動→数分待つ→エンジン停止→抜き取り…と作業工程が増える事になります。

構造上エンジンをかけたままでも作業ができるのですがこれは一般的に習う事であってここから先の実務となるとちがってきます。

スバルプレオに関してのATFオイル交換について書きます。

まずCVT専用のオイルを準備します。
(純正はi-CVTフルード。私の会社でもCVTと普通のATではオイルを分けています。両方使える物も有ります。使用するオイルの注意書きを良く読む。、または同じメーカーからCVT専用オイルが発売されていないか調べる)

走行暖気後車輌を水平な所へ停車
全レンジへシフトレバーを一巡しPレンジへ
まず現在のオイルレベルを確認します。
エンジン始動(アイドリング状態、エアコンオフ)
ラジエターファンが止まっている事を確認しファンのカプラーを抜く※大事です。ファンに手やノズルが巻き込まれないようにする為です。

そこで初めてオイルレベルケージを抜いて油量を確認します。

抜き取り

http://www.screencast.com/users/yymm1224/folders/Jing/media/4f826b92-f778-4ce0-973b-d80aa8f5e4ed

図の赤→から抜きます。
エンジンは停止です。
下の数字は締め付けトルクです。最後に規定トルクで締め付けて下さい。

2輪駆動車で全容量約5Lです。
ドレンから抜けた量は2L前後だとおもいますので抜けた分トルコンチェンジャーで上から補充
エンジンを始動し数分待つ。エンジン停止→ドレンから抜く…繰返し。
納得がいく奇麗さになったら終了。

エンジン始動、エアコンオフ。シフトレバー一巡した後Pレンジ
ATF温度60℃から80℃でオイルレベルケージHOT側で確認
多すぎた場合はトルコンチェンジャーで


ファンのカプラーを接続し暖気を続けファンが回転する事を確認
全行程終了。

これがプレオの整備書に掲載されている交換方法です。

オーバーヒートに気をつけて手早く作業をおこなってください。
オーバーヒートを避けるため抜き取り時と新油補充時はエンジンをどうしても停止する事になりますね。

この際ですので勉強も兼ねてマニュアル通りの整備をされてはいかかでしょうか?

免許をとって国産メーカの整備書を閲覧できるシステムを整備してある工場に就職ができれば教科書に載っている事だけを覚えてもダメだという事が分かります。
就職してもいろいろな知識を吸収していけるのでぜひ頑張って資格をとり良い会社に就職してください。



今回の件で分からない事がありましたらお気軽に書き込みをおねがいします。

分かる範囲で回答させて頂きます。

読みにくいかと思いますがお気軽に返信ください。
専門家:  yymm 返答済み 4 年 前.
その後いかがですか?