JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
9circleに今すぐ質問する
9circle
9circle, 二級自動車整備士
カテゴリ: スバル
満足したユーザー: 583
経験:  公共職業訓練後、二級自動車整備士、自動車検査員資格取得、現在認証工場勤務。国内外の自動車修理全般に携わってます。
67477856
ここに スバル に関する質問を入力してください。
9circleがオンラインで質問受付中
スバル

2004年式BP9B型アウトバックのフロントデフについてお尋ねします。 86000km走行でオイル交換後、125000km走行時にギヤのうなり音(アクセルOFF時に低グレード車の

2004年式BP9B型アウトバックのフロントデフについてお尋ねします。
86000km走行でオイル交換後、125000km走行時にギヤのうなり音(アクセルOFF時に低グレード車のリバース走行のような音)
でディラーに入庫しました。
その際、レベルゲージに付か ないくらいオイルが減っているのを整備士が発見しましたが外部からはオイル漏れも滲みもありませんでした。
その場は応急的にオイルを注ぎ足し、後日交換しましたが排油には多量の金属粉が混入していました。
キヤ磨耗のほか、ベアリングにガタが出ている可能性ありとのことです。
そこで質問ですが。
1) 外部に漏れすにオイルが減った原因は整備士曰く、AT側へオイルが移動したのかも知れないとのことですが、本当にそんなことはあるのでしょうか?
2) オイル交換時に入れ忘れたのではないかと疑いたくなりますが、そのような場合、わずかに残ったオイルで4万Km近くも走行できるものでしょうか?
3))その後8000km走行しましたがオイルの減りはなく、ギヤのうなり音も悪化せず、その他の不具合も出ていません。
... 詳細を表示
2004年式BP9B型アウトバックのフロントデフについてお尋ねします。
86000km走行でオイル交換後、125000km走行時にギヤのうなり音(アクセルOFF時に低グレード車のリバース走行のような音)
でディラーに入庫しました。
その際、レベルゲージに付か ないくらいオイルが減っているのを整備士が発見しましたが外部からはオイル漏れも滲みもありませんでした。
その場は応急的にオイルを注ぎ足し、後日交換しましたが排油には多量の金属粉が混入していました。
キヤ磨耗のほか、ベアリングにガタが出ている可能性ありとのことです。
そこで質問ですが。
1) 外部に漏れすにオイルが減った原因は整備士曰く、AT側へオイルが移動したのかも知れないとのことですが、本当にそんなことはあるのでしょうか?
2) オイル交換時に入れ忘れたのではないかと疑いたくなりますが、そのような場合、わずかに残ったオイルで4万Km近くも走行できるものでしょうか?
3))その後8000km走行しましたがオイルの減りはなく、ギヤのうなり音も悪化せず、その他の不具合も出ていません。
このような状況で将来突然走行不能な事態になることはあるでしょうか?
以上よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: スバル
詳細を非表示
スバル に関する質問をする
返答済み 4 年 前.
はじめまして。自動車整備士の9circleと申します。

ご質問内容を拝見し、大変お困りのこととお察しいたします。
少しでもお役に立てればと思い、投稿させていただきました。

順にお答えいたします。

1) 外部に漏れすにオイルが減った原因は整備士曰く、AT側へオイルが移動したのかも知れないとのことですが、本当にそんなことはあるのでしょうか?

確認の必要がございますが、入れ忘れもしくは入れ不足の可能性が高いと思います。
ATとフロントデフは隣り合う部屋ですので可能性がないとは言い切れませんが確率は低いでしょう。
本当にAT側に移動したというのであれば、現状でATFの量、及び、ギアオイル特有の匂いを確かめればよいと思います。



2) オイル交換時に入れ忘れたのではないかと疑いたくなりますが、そのような場合、わずかに残ったオイルで4万Km近くも走行できるものでしょうか?

もちろんフロントデフギアに掛ける負荷にもよりますが、わずかに残ったオイルで4万キロ走行することは可能です。エンジンオイルと違って油圧を必要としない箇 所ですから、油膜が切れない量があれば大丈夫です。オイルの容量は冷却を促進させる目的もございます。


3))その後8000km走行しましたがオイルの減りはなく、ギヤのうなり音も悪化せず、その他の不具合も出ていません。
このような状況で将来突然走行不能な事態になることはあるでしょうか?

うなり音はリングギアとピニオンギアの遊びが過大になったか、傷がついたかのどちらかと考えます。最悪ギアが一部欠けて周期的にガチャンガチャンと大きな音が鳴ることがあります。ベアリングへのダメージでロック等の懸念がございますが、徐々に異音が大きくなるなど前兆はございます。

以上、よろしくおねがいします。

スバル についての関連する質問