JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
9circleに今すぐ質問する
9circle
9circle, 二級自動車整備士
カテゴリ: スバル
満足したユーザー: 583
経験:  公共職業訓練後、二級自動車整備士、自動車検査員資格取得、現在認証工場勤務。国内外の自動車修理全般に携わってます。
67477856
ここに スバル に関する質問を入力してください。
9circleがオンラインで質問受付中

現在11万キロ走行の平成15年のGT-BEtuneに乗っています。何の不満も無いのですが{燃費を除いて}オーバーホー

解決済みの質問:

現在11万キロ走行の平成15年のGT-BEtuneに乗っています。何の不満も無いのですが{燃費を除いて}オーバーホールをするとしたら、何かありますか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: スバル
専門家:  9circle 返答済み 4 年 前.
はじめまして。自動車整備士の9circleと申します。

少しでもお役に立てればと思い、投稿させていただきました。

まず最初にタイミングベルトの交換はお済でしょうか?自動車の調子とは関係なく、10万キロ走行ごとの交換が推奨されています。

また、フロントデフ、リアデフのギアオイルやATF、ブレーキフルード、エンジン冷却水など、液体類の交換は車の調子とは関係なく定期的な交換をお勧めします。


次にサスペンション部品のひとつであるショックアブソーバです。

11万キロ走行で交換されていない場合、徐々に機能低下し、乗り心地、車両安定性(路面凹凸通過、横風、加減速時の前後の揺れ、カーブを曲がるときの車体の傾き)に影響を及ぼします。

ビルシュタイン製のショックアブソーバが標準で組まれている場合、相当高額な部品になりますので特にオリジナルにこだわらないのであれば、KYBやその他社外品の減衰力をやや高めに設定している品物で十分以上の機能がございますので、併せてご検討ください。

なお、コイルスプリングは交換の必要はないと思います、

また、同時にサスペンションアームの支点にあたる部分に目視で亀裂や断裂がみられれば交換すればよいと思います。フロントロワーアームの車体後方に位置するブッシュに痛みが生じている場合がございます。

ご参考までにお知らせいたしました。よろしくお願いします。
9circleをはじめその他名のスバルカテゴリの専門家が質問受付中

スバル についての関連する質問