JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
9circleに今すぐ質問する
9circle
9circle, 二級自動車整備士
カテゴリ: スバル
満足したユーザー: 584
経験:  公共職業訓練後、二級自動車整備士、自動車検査員資格取得、現在認証工場勤務。国内外の自動車修理全般に携わってます。
67477856
ここに スバル に関する質問を入力してください。
9circleがオンラインで質問受付中

フォレスター来年9月に11年目の車検を取りたいと考えています。走行距離8万100㌔です。 半年・一年点検は欠かした

質問者の質問

フォレスター来年9月に11年目の車検を取りたいと考えています。走行距離8万100㌔です。
半年・一年点検は欠かしたことがありません。スバルが推奨する交換部品と経年劣化・披露していると考えられる箇所をお教えください。スバル360からのスバルのユーザーです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: スバル
専門家:  9circle 返答済み 4 年 前.
はじめまして。自動車整備士の9circleと申します。

11年目の車検をお迎えになるとのこと。

定期点検を欠かさず受検されていたとのことですので、以下に申し上げます交換箇所が重複する場合は何卒ご容赦ください。



○タイミングベルト及び関連部品の交換

メーカー推奨10万キロ走行毎の交換部品です。経年劣化も加味して次回の車検時の交換をお勧めします。タイミングベルトを取り外す際、その奥に配置されているウォーターポンプも同時期に寿命を迎える場合が少なくありませんので同時交換をお勧めします。
また、クランクシャフトやカムシャフトの軸からエンジンオイルニジミが見られる場合はオイルシールの交換も実施してください。



○スパークプラグの交換

長寿命タイプのスパークプラグが装着されている場合、こちらもタイミングベルトと同様メーカー推奨10万キロ毎の交換となっています。同じく経年劣化も加味して次回車検時の交換をお勧めします。


○燃料フィルタ、燃料ポンプの交換

こちらは特に強くお勧めするものではありませんが、今まで注入していた燃料の質によって10万キロ前後で寿命を迎える車両が少なくありません。寿命は燃料の質に依存しますので20万キロ走行以上で全く異常が見られない車両もございます。

費用は掛かりますが、燃料タンク内の汚れの目視確認を実施してください。


○クランクポジションセンサーの交換

こちらも特に強く交換をお勧めするものではありません。
エンジン電子制御に関わる重要なセンサーです。故障するとエンジン始動不能に陥ります。
エンジンの熱の影響を受けて劣化、機能不全に陥ります。
予防的に交換を実施されますと、このセンサーが原因となるエンジン始動不能を回避できます。


○ブレーキ機構のオーバーホール

油圧ブレーキのシールパッキン類の交換です。
近年の車両に使用されているシールパッキン類は飛躍的に寿命が向上していますので、ブレーキ液の液漏れがない場合は特に必要はありませんが、塩害が懸念される地域で使用されている場合、融雪剤が浸透して腐食が進んでいる場合が少なくありません。塩害が懸念される地域で使用されている場合は、次回の車検を機会にオーバーホール実施されることをお勧めします。



以上でございます。何かご不明な点などございましたらお申し出ください。
9circleをはじめその他名のスバルカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

有り難うございました。十分満足しました。


聞き忘れたことがあります。ステアリング関係の部品劣化と点検を教えてください。

専門家:  9circle 返答済み 4 年 前.

追加でご質問のステアリング関係に関しお答えいたします。


経験的にパワーステアリングポンプからのパワーステアリングフルード漏洩が多く見られます。エンジン上部に配置されていますので目視点検は容易と思います。

併せて冷間据え切り時のパワーステアリングからの異常なうなり音も聴診します。


点検の結果、異常と判断した場合、当方ではリビルト品との交換で対応しています。

ポンプ交換の際、低圧ホースの硬化劣化が見られることがほとんどですので、一旦離脱した低圧ホースは再使用せず交換します。

また、ポンプからパワーステアリングラックへ通じる高圧ホースについて、ほとんどフルード漏洩は見られませんが、「カシメ」部から目立つニジミがある場合は交換します。


その他、タイロッドエンドのガタ、及びダストブーツの亀裂の点検、ラックエンドブーツの亀裂の点検などは車検時の24ヶ月定期点検項目に則り点検を実施ください

よろしくお願いします。

スバル についての関連する質問