JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue_rose2017に今すぐ質問する
blue_rose2017
blue_rose2017, 獣医師
カテゴリ: 小動物
満足したユーザー: 576
経験:  小動物臨床11年、1.5次診療施設で外科部長、企業病院で院長の経験がある獣医師です
98115780
ここに 小動物 に関する質問を入力してください。
blue_rose2017がオンラインで質問受付中

息子が飼っているのですが うさぎの後ろ足が動きません。ケージの中で飼っています

解決済みの質問:

息子が飼っているのですが
うさぎの後ろ足が動きません。ケージの中で飼っています
近くの病院につれていきましたがよくなりません。時間の経過を観る、食糞ということも言われたようです。
投稿: 3 ヶ月 前.
カテゴリ: 小動物
専門家:  blue_rose2017 返答済み 3 ヶ月 前.

ルイちゃんのご家族の方

ご連絡ありがとうございます、初めまして。

年齢ですが、これはご家族の方の?ですよね??

それで、後肢が麻痺していて、症状で書かれているものからシッフシェリトン様姿勢といって急性脊髄損傷での姿勢を疑います。

足を触ると蹴るのは多分反射ではないかな?とも。

極めて、悪いことを意味している姿勢ですけども、本日病院でそのご指摘はなかったのでしょうか?

また、うんちおしっこは出ていますか?お知らせ下さい。

どちらにしても、病院に行かれたばかりで申し訳ないのですが、夜間の病院に当たられることをお勧めします。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
12377;みません。私は、ウサギを飼っている息子の父です。
病院へは8月30日に連れて行きました。ウンチおしっこは出ています。
専門家:  blue_rose2017 返答済み 3 ヶ月 前.

ご連絡ありがとうございます。

うんちおしっこが出ているなら一安心ですが、おしっこが出ないは極めて危険な場面になります。

そして、下痢などを始めると本当に生き死に関係し始めるため、今日が難しくともウサギを理解している先生への受診をお勧めします。

ただ、1週間くらいでおしっこが出るというのは少し、神経症状かな?とまず疑ったことは正しいのですが、よろしければお写真を添付いただけますか?

また、脊髄の損傷は様々な理由、例えばケージに足が引っかかたとか、抱っこの仕方、後滑らしたとか色々な理由で起こります。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
12362;世話になります。
ケージに引っかかったかは不明ですが、飼っている部屋のベッドから飛び降りて着地に失敗した可能性もあるようです。(息子が出かける前は何でも無かったが帰ってきたら足を引きずっていた)病院で撮ったレントゲンと、現在の写真送ります。
専門家:  blue_rose2017 返答済み 3 ヶ月 前.

お写真ありがとうございます。

X線の写真が病院から渡されたものかと思うのですが、通常と逆の色になっていて(白黒逆のため)、読影に時間がかかっています。

すみません。

もうしばらくお時間いただきます。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
20102;解しました。
専門家:  blue_rose2017 返答済み 3 ヶ月 前.

ご回答、遅くなりました。

結論から申し上げますと、多分、先生から聞かれていると思うのですが

  1. 写真1からL1椎体の骨折の疑い、L1-2椎間の狭窄の疑い
  2. 写真2(写真1の拡大?)からL1椎体の骨折(ズレが有るように観察される)、L1椎体の所の矢印部分が何を意味しているのか??が白黒反転のため、わかりません。L1-2の狭窄なのかな??と疑います。そして、T12-13近くの矢印が12肋骨を指していてなんだろう??ちょっとわからないです。
  3. 写真3、多分仰向けか、うつ伏せ像の背骨全体。L2横突起の骨折(下の赤矢印部分)、L1-2の椎間の狭窄疑い、T12-13の狭窄疑い(上矢印)および白黒反転のため評価難しいのですが、肋骨頭脱臼?(写真2を見ても評価難しいですが)
  4. 写真4、脊髄損傷で診られる典型的な座り方。盲腸便ではなく、やや下痢気味

といったところが今回送ってもらえた写真からの所見となります。

仮診断:急性脊髄損傷、および椎体骨折または椎体への外傷

度々申し上げますが、私は白黒逆転でレントゲンは確かに必要に応じてすることはありますが、まず本来骨が白く、他の臓器が黒い状態で診てから、これを逆転させたほうが見やすいかな?でひっくり返して観察するため、一概に正しい評価ができているとは思えませんが、少なくとも『時間の経過を観る、食糞ということも言われたようです。』がベストチョイスとは思えないです。

脊髄損傷、脊椎の骨折を疑う病変はうさぎにとって痛みが生じます。

結果的にルイちゃんの人生にとって、あまり良いことではなく、生死を分ける問題、むしろおしっこがいま出ているのは漏れ出ているのであれば、そのうち感染症が生じたりして最悪の末期を迎えます。手厳しいようですが。

出来たら、お腹を触ってもらって、ソフトボールのような塊がないかの確認をしてもらうほうがより良いと思われます。

blue_rose2017をはじめその他名の小動物カテゴリの専門家が質問受付中

小動物 についての関連する質問