JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

japavetに今すぐ質問する

japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ: 小動物
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 小動物 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

5歳の雌のうさぎです。体重は2.3㌔。2日前から食欲がなく、後ろ左足を引きずってた為、病院に連れて行きました。足、背

解決済みの質問:

5歳の雌のうさぎです。体重は2.3㌔。2日前から食欲がなく、後ろ左足を引きずってた為、病院に連れて行きました。足、背骨、お腹など4枚のレントゲン写真、エコー検査の結果骨折も脱臼もなく、獣医さんが言うには何かを庇ってるために足を引きずってるのだろうとおっしゃってます。尿検査、血液検査も異常なく点滴の注射をして家に連れ帰りましたが、水を少し飲んだだけでまだ何も食べてません。食欲増進の白い粉薬を貰ってきましたが、それもなかなか飲んでくれないので心配です。症状が変わらなければ明日また連れて来て下さいとの事ですが、まだ足を引きずってるし食べないしで同じ病院でいいものかと、、?別の病院に行った方がよいでしょうか?よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 小動物
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
おはようございます。
ご質問ありがとうございます。
行かれた病院はうさぎやエキゾチックアニマル専門の病院ですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
主に犬、猫ですがエキゾチックアニマルも扱ってます。担当の先生もうさぎについては慣れてるようでした。夜も明けましたし違う病院でレントゲンを撮ってもらった方がいいでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
もう一点確認しさせてください。
圧迫排尿をしているということは、尿が自分で出せないということでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
お水もあまり飲んでなかったからなのか、おしっこはちょっとだけしか出ていません。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
自分でできないというわけではないのですか?
それともあまりにたまりすぎていたから圧迫排尿をしたのでしょうか?
そのあたりも重要なので、お手数ですが、「自分でおしっこをしっかりだせているのか、アパク排尿をした理由」をお願いします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
一昨日病院に最初に連れて行った時は、おしっこが溜まって、でも様子をみて圧迫したのは昨日です。それから帰って30ccほどしか飲んでないのでちょっとしかおしっこをしてません。自分で出来るかどうかは分かりません。足を引きずってるのはは変わりません。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
おしっこがもしあまりしっかり出せない(おしっこが作れないのではなく、作って膀胱にたまっていても、あまりしっかり出せない状態)のであれば、脚をびっこを引いていることを考えると、神経の異常の可能性が高いのではないかと思います。
あしのびっこの原因は骨や筋肉の異常である場合と、神経系の異常である場合があります。
骨の異常であれば、レントゲンでわかるケースが多いですが、筋肉や神経の異常である場合はレントゲンではわかりません。
また、症状としても骨や筋肉の異常では、痛みのせいで、足を引きずるというよりもびっこを引くとか、あしをつかないということが多く、神経系の異常であれば、足の痛みは出て来ず、引きずるということが多いです。
そして、神経系の異常の場合には排尿機能にも異常が出てきます。
食欲不振との関連は推測にはなってしまいますが、椎間板ヘルニアなどによる腰の痛みを伴っている場合や脳自体に異常がある(脳炎)ことによる神経の異常と食欲不振ということになるかもしれません。
症状からは骨などの異常よりも神経系の異常を疑います。
ですので、私はレントゲンをほかで撮ってもあまり変わらないと思います。
神経の異常はMRIでないとわからないことが多いですが、全身麻酔が必要ですので、ウサギさんには少し危険を伴います。
それよりもウサギさんの専門の病院で診てもらい、場合によっては神経系の治療などを試験的にしてもらったほうがいいのではないかと思います。
japavet, 獣医師
カテゴリ: 小動物
満足したユーザー: 6510
経験: 獣医臨床歴6年
japavetをはじめその他名の小動物カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
神経の異常ですね?分かりました。昨日の病院でもこのまま症状が変わらなければ、CT MRI の検査になるとおっしゃってました。でもMRIが危険とは、、、とりあえず今から同じ病院に連れて行きます。ありがとうございました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうですね。
MRI自体ではなく、全身麻酔がウサギさんでは少しリスクがほかの動物よりもたかいということです。
良くなってくれるといいですね。
お大事にどうぞ。
質問者: 返答済み 1 年 前.
最後にもう一つ質問させて下さい。今、病院です。やはり担当医も神経ではないかと言ってますが、100%言い切れないのでMRIを撮ってみようという事です。でもリスクがあるので神経の病気を前提として、その治療を行えばステロイド系の薬を使うので、もし神経の病気ではなかったら、その後にMRI検査をすると他の病気を見つけにくいらしいです。どちらか選択しないといけないのですが、どうしたらよいのでしょう。他の方々はこの場合どちらを選んでるのでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
ほとんどはステロイドを使って反応を見ます。
それでよくなればリスクを負う必要はないので、3,4日使って反応を見てもいいと思いますよ。
うさぎさんでは全身麻酔のリスクがやはり怖いですので。
質問者: 返答済み 1 年 前.
私も実はそうしたいと思ってました。色々ありがとうございました!
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
いい方向に行くことをお祈りしています。
お大事にどうぞ。
質問者: 返答済み 1 年 前.
こんにちは!昨日別の血液検査をしましたら尿素窒素、クレアチニンの数値が高く腎臓が悪いのと白血球も高かったです。昨日はウサギはほんの少しだけ牧草を食べ水も少し飲みました。小さな便とオシッコもしてたのか膀胱は今日は腫れてなかったようです。しかし、ステロイド治療で様子わ見るつもりが、胃が張って胃腸内容停滞だと思うので開腹手術が今日、明日にでも必要でと言われました。強制給餌が難しいとも
おっしゃってますが手術の前に胃のバリウム造影とかは行わないのでしょうか?今日は強制給餌をしようとしたら呼吸が急に荒くなって点滴だけで終わりました。今、自宅にいて呼吸は落ちついてますが、明らかに昨日よりは元気がありません。じっとしています。開腹手術の前にバリウム造影とかはしないのでしょうか?それとも、そんなに急を要する程悪いのでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
回答遅くなりました。
そうでしたか。
バリウム検査は最低半日かかり何度かレントゲンを撮らないといけないために、時間と体力が失われていきます。
ですので、もし明らかに何か停滞していてそれを取り除かないと良くならなさそうなのであればバリウムはしない方がいいこともあります。
今現在はどんどん悪化している様子でしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
はい、多分、夕方からうつ伏せで両前足を開き気味で目をうつろうつろしてる状態です。耳は後ろに寝かせて殆ど動きません。手術に踏み切れなく先程近所の昔通ってた先生に相談に行きました。触診して強制給餌のやり方を実際に教えてくれましたが、あまり噛まなかったので無理に押し込むのは良くないと、その先生はおっしゃってました。明日病院が開き次第連れて行こうかと思いますが、そちらの病院では手術を勧められると思います。勿論断れますが、このままこの状態で1日一回の点滴だけでは死んでしまいますよね?ウサギさんはどちらを好むでしょうか?このままでも痛いので辛いのでしょうね?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
お話を聞く限り、正直今の状態でこのまま改善していくことは可能性が低いでしょう。
一か八かになってしまいますが、手術にかける方が可能性が高いと思います。
ただし、これは実際に診察していないので何とも言えませんし、実際に診察していてもどちらが絶対にいいということは言えないと思います。
痛みがあるとかつらいということも文面だけでは何とも言えませんが、可能性に欠けるのであれば手術をすることになると思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
もし麻酔で亡くなっても、この子は痛まず死んでいけるのかなっとも思います。とりあえず明日また病院に連れて行きます。本当に色々遅い時間までありがとうございました。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    20
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    20
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    1
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    0
    医学研究歴11年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    27
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png atlus302 さんのアバター

    atlus302

    獣医師

    満足した利用者:

    18
    臨床家
  • /img/opt/shirt.png arinko さんのアバター

    arinko

    獣医師

    満足した利用者:

    16
    小動物のの臨床医療を16年しています。
 
 
 

小動物 についての関連する質問