JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ: 小動物
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 小動物 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

お世話になります。ウサギのホーランドロップ8歳10か月を飼っています。 8月初旬に右前脚を骨折しましたが、固定で順

解決済みの質問:

お世話になります。ウサギのホーランドロップ8歳10か月を飼っています。
8月初旬に右前脚を骨折しましたが、固定で順調に回復していまおり、現在も普通に使えるようになっています。
ただ、右前脚を固定している間はゲージから出さずにいたためか、最近は部屋に出した後も行動範囲が以前より狭くなっていました。
一週間ほど前から右側にバランスを崩すことがあったので、かかりつけの病院で診てもらいましたが、左足に比べ、右後ろ脚の力が弱いということでしたが、特に薬等の処方はありませんでした。数日経ちましたが、右後ろ脚を引きずるような感じになっています。
食欲は旺盛で、その点は安心なのですが、高齢ということもありどのようなことが考えられるのでしょうか?
よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 小動物
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
右の前足は筋肉も回復していますか?
特に後ろ足を痛がるわけではないですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.

右前足は筋力も大丈夫のようです。後ろ足は特に痛がる様子もありません。

バランスが悪いのか、両手で顔を洗うしぐさや、後ろ足で体をかくしぐさは見られません。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
解答を作りますので少々お待ちください。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
すいません、追加で聞かせてください。
斜視は実際にはしているのですか?
していれば、それは足の調子が悪くなってからですか?
また首が傾くなどということはないですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.

お世話になります。

斜視はありませんし、首が傾くこともありません。

記入し忘れましたが、目は2年前に右目が緑内障になり、眼球の中にシリコンビールのようなものが入っており、左目は白内障で白濁した水晶体を除去しております。その後、左目の眼圧も安定しており、両目とも安定しています。

足は屈伸もできますが、歩くときに引きずるような感じになります。

よろしくお願いします。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
返信遅くなり申し訳ありません。
特徴的な症状がない状態ですね。
なかなか診断が難しくなりそうです。
まず、斜視というのはあくまで症状名ですので、斜視が原因で後ろ足がおかしくなるということはありません。
何らかの病気で斜視と後肢の不全麻痺が起きてくることはあります。
やはり、痛みがなくて引きずるとなると
指令を出す場所、指令を伝える経路、動かす場所のいずれかに異常があるということになりますので、
1、脳疾患
2、脊髄疾患
3、後ろ足自体の問題
のどれかということになります。
1の場合、その他に斜視や眼振、斜頸などが出てこれば1の可能性が高いですが、こういった症状がなくても否定はできません。
原因は脳腫瘍や脳炎(免疫介在性、寄生虫性、細菌性など)、脳梗塞などが考えれますが、MRIなどを撮らないと原因がわかりません。
2も可能性としてあります。後ろ足両方ともに症状が出てくることが多いですが、片足でも出てくることがあります。椎間板ヘルニアや脊髄腫瘍などががりますが、これに関してもCTやMRIを撮らないとわかりません。
3はあまり多くはないですが、症状としては一番近いです。
末梢神経の異常が原因になりますが、うさぎさんではあまりはっきりしたことがわかっていません。
ただし、糖尿病でも後ろ足の美っこが出てくることがありますので、もし血液検査をしていなければ血液検査はしておいてもらったほうがいいでしょう。
ですので、理想はCTやMRIなどを撮るのが診断には一番の近道ですが、麻酔のリスクが高く、また、完治ができないことも多いです。
実際には糖尿病を否定してステロイドなどの神経のお薬を使って様子を見ることが多いです(万一糖尿があればステロイドは悪化させます)。
悪化してきているのであれば早めに治療に入ってもらったほうがいいかと思います。
japavetをはじめその他名の小動物カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

昨日はありがとうございました。

今日、再度受診してきました。

足自体はの状態は痛覚もあり問題はないようでした。

考えられるとしたら、神経の損傷による痺れ・麻痺ではないという事でした。

痛み止めの注射を左後ろ足に射ち、二日後にまた診察を受けることのなりました。

食欲は変わらずあるので、麻酔をしての検査はリスクもあるので、今回は経過観察となりました。

また、変化ありましたらご報告させていただきます。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
経過報告ありがとうございます。
私もとりあえずそれで経過観察でいいと思います。
少しでもよくなってくれるといいですね。
お大事にしてください。
また何かあればご相談ください。

小動物 についての関連する質問