JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ: 小動物
満足したユーザー: 5280
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 小動物 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

今朝生まれて4か月の子ウサギが立ったり座ったり身体の向きを変えたりそわそわしていました。以前、一か月程前

解決済みの質問:

今朝生まれて4か月の子ウサギが立ったり座ったり身体の向きを変えたり そわそわしていました。 以前、一か月程前も同様の症状があったとき近所のウサギに詳しい事で有名な獣医さんが 子ウサギは医者に連れて来るだけでもストレスになるから一日様子を見て、どーしょうも無ければ 医者に連れて来てください。と言われそのときは背中をさすっていたら1時間程で元気になりだしたので、今回もずーっと朝からお昼まで背中やお腹をさすってあげましたがお昼に亡くなりました。 辛くて辛くて仕方がないですが今後の為、今更ですが色々反省の意味も込めて考えられる要因を教えて頂けないでしょうか? 症状は朝6時頃子ウサギのそわそわする音で目覚めました。 朝4時過ぎまで起きてましたが元気でした、寝る前の餌も(ペレット・チモシー)はいつもより多いぐらい完食していました。 ただ、そわそわしているのを気付いた時は身体も耳も冷たかったです。 ずーっとお昼までさすっていましたが時々トイレで踏ん張りましたが便は出ませんでした。 そのうち昼になって亡くなりました。 前夜、ゲージから出した時普通の便も小便もいつものように排泄しました。 盲腸便も最初は普通だったけど小屋に帰る前に盲腸便が下痢状になっていました。 思えばこの時点で医者に行った方が良かったかもです。 子ウサギだから医者もストレスになる話、御盆、以前はお腹をさすったら治ったなどの状況が頭によぎりすぐに医者にいけませんでした。 後悔ばかりですがどーぞよろしくお願いします。

追記ですが生後1.5か月でうちに来て検便等の検査は済

種類はミニレッキス、エアコンは室温を保つ為24時間フル稼働です。

生きてる時はそうーでもなかったですが現在遺体はお腹がパンパンに膨らんでます。

8/16名古屋市北田より

投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 小動物
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
初めまして、質問ありがとうござます。
突然の事でお悔やみを申し上げます
考えられる原因としては
①急性の鼓張症
生後1・5か月程度で親から離されたウサギさんは親から良い盲腸便をたくさん食べずに
よそに来ています。そのため腸内細菌がしっかりしていないとお腹が弱いので
一見健康そうに見えても、何かしらの時に悪い菌が急激に増えて腸にガスが溜まります。
これが原因でお腹が痛くなり、下痢する、ぐったりしてそれが原因で痛みのストレスや
まだ若く体力が無いのでその急速な状況悪化で亡くなることはよくあります
②腸にコクシジウムのようなすぐに便検査で見つからない悪い原虫が増えて
下痢をして体調を崩してお腹の痛みやガスが増えすぎて腸炎で亡くなった
などが主な原因として考えられます
一度便検査をしても、まだ体が小さくてその時にはコクシジウムはウサギの
体内で成長していなくて発見できなかったなどもあるので
便検査を一度したから大丈夫というのはありません
そらく少し前から便の大きさに大小不同があるなど、体調の悪化は有ったのではと
思います
ウサギさんはショックや痛みに酷く弱く、時にあっという間に亡くなることがあります
病院に何時つれていくのは判断が難しいので誰が悪いということは有りません。
あまり小さい時に親から離されたウサギさんは弱いので、できれば生後4-5ケ月は
親元に居たウサギさんをもらういけるようにしましょう
wantaroをはじめその他名の小動物カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

ありがとうございました。

悲しくてどーすることもできませんが

感謝してます。

北田

専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
ご冥福をお祈りします

小動物 についての関連する質問