JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ: 小動物
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 小動物 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

9歳2ヶ月のホーランドロップのめす です。昨日、気を失ったようにぐったりとして、名前を呼んでも反応がありませんでした

質問者の質問

9歳2ヶ月のホーランドロップのめす です。昨日、気を失ったようにぐったりとして、名前を呼んでも反応がありませんでした。体が冷たかったので、抱き上げて耳や足などさすったら回復をしました。現在は、普段通りにご飯を食べたりしています。同じようなことが2月から3月にかけ4回ぐらいありました。以前に斜頸をやっているので、それの後遺症だろうと言われました。現在は、斜頸が再発したのではないかと言うことで  抗生剤(オルビフロキサシン)を飲んでいます。5歳の時子宮の病気をして、とりました。
ただ熟睡をしていただけなのか 糖尿病で低血糖になってしまったのか色々と考えてしまって不安です。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 小動物
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
おはようございます。
9歳のウサギのjujuちゃんが一時的にぐったりしたということですね。
少々お尋ねしますが、
2-3月にも同じような症状とのことですが、このときは病院で血液検査など何か検査をされたのでしょうか?
痙攣とは違いますでしょうか?
今日の食欲や元気、排便の状況はいかがでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

痙攣をしていたわけではないようです。血液検査は、半年前にしましたが正常です。排便は普通のころころしたうんちと盲腸糞のようなうんちがたくさん出ます。餌は、ペレットを水にひたして柔らかくして食べています。他に、べびーりーふといちごを2個食べさせています。斜頸ですが、首の曲がりはありません。後ろ足を引きずるような歩き方をしています。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
今日は普段通り元気食欲もあり排便もしているということですね。また2-3月のときの血液検査では問題なかったということですね。
意識を失って手足が冷たく感じたということで、しかも痙攣やてんかん発作以外のものということであれば、何かの原因で循環が一時的に低下したり、失神したという可能性もかんがえられます。
確かに低血糖の場合、体温が下がったりすることがありますが、糖尿病ではおこりません。糖尿病の場合は血糖値が上がるからです。
もし飼い主様ご自身で脈がとれるのであれば、今度同じ状態になったときに除脈になっていないかどうかを調べることをお勧めいたします。
胸に手をあてて調べるか、内股に指さきをあてて調べる方法があります。一般的に正常であれば200回/分前後です。
恐らく熟睡しているだけであれば心拍数は落ちていないと思います。
また呼吸数は30回/分位ですからお腹が動く回数を普段から調べておかれることをお勧めいたします。
しかしやはり循環が低下する病気を調べるために血液検査や腹部エコー検査、心臓のエコー検査をされることをお勧めいたします。
一度に全部の検査をするとウサギが疲れる心配があるときは数日に分けて検査をされるとよろしいかと思います。
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ウサギの斜頚は、主に感染症の場合エンセファリトゾーンという原虫感染やパスツレラという細菌感染が原因で神経症状がでるためにおきます。斜頚や眼球が左右に揺れる眼振などがおもな症状です。
後ろ足を引きずるという場合は、神経症状、椎間板疾患や関節疾患による関節炎を鑑別するために神経テストやレントゲン検査の必要があると思います。
半年前の血液検査の結果は残念ですが、時間が経ちすぎているため今の状態を調べるうえでの参考にはなりません。そのためやはり血液検査は必要だと思います。
また失神の類であれば心臓性の可能性がありますので、心電図や心エコー検査は必要だと思います。
それでも異常がない場合は脳内の問題の可能性が高いです。一般的にはMRI検査が検査として考えられますが、高齢なことから、麻酔をかけての検査をするかどうかは、主治医の先生とよくご相談されることをお勧めいたします。
斜頚の治療としてはパスツレラの場合は今飲んでいる抗生剤ですが、エンセファリトゾーンの場合はフェンベンダゾールという駆虫薬による治療をしませんと治療になりませんので、もし今までその治療をされていないのであれば、一度されてみられることをお勧めいたします。
issafd3sをはじめその他名の小動物カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

不正な引き落としはしないで下さい。答えには全く満足をしていません。

消費者センター・弁護士にも相談をしています。直ちにカードからの引き落としをしないように

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
この質問欄ではジャストアンサーへの苦情は受付できかねます。
内容はサポートチームに報告させていただきますので、しばらくお待ちくださいませ。

小動物 についての関連する質問