JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ: 小動物
満足したユーザー: 5280
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 小動物 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

7才になるうさぎのネザーの男の子です。一か月程前から、前後の足が不自由になり、座る事が出来ず、前足を、突っ張ったまま

解決済みの質問:

7才になるうさぎのネザーの男の子です。一か月程前から、前後の足が不自由になり、座る事が出来ず、前足を、突っ張ったままで眠る事も、食事もしなくなり近の、病院二つれて行きレントゲンをとりましたが、 骨には異常が見つからずそれ以上の検査は、危険だという事で原因が分からないまま治療が一か月以上も続いています、痛み止などの注射を11回、それ以外の日は飲み薬が出ています。最初は良くなっつたのですが今では立つ事もできなくなり横に目をつむって倒れてしまい、ひとりでは起き上がれなくなってしまいました。医院ではヘルニアをうたがっていました、。今はこたつの中生活を私としています。私が抱いている時間がほとんどになりました。けいじに入れて誰もいない状況が出来ません。つききりで観ていないとそのまま倒れて息がとまってしまいそうで不安です。筋肉が弱っている様子あり。どうぞ宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 小動物
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。


考えられる病気としては
①頚部の頸椎がずれて脊髄神経が圧迫されている
 レントゲン もきれいに撮影しないとわかりません
 できればMRI検査やCT検査が必要ですが、ウサギの検査をしてくれる病院はあまり
 ないでしょうね
 うさぎは骨が高齢になると骨粗しょう症になり、もろくなってよくずれることがあります

②細菌感染やエンセファリトゾーン感染による脳炎や脊髄炎

などが考えられます。状況を考えると①だとは思いますがまずはMRI検査やCT検査を
してもらう必要があるでしょう
質問者: 返答済み 3 年 前.

①だとすると、どんな治療が考えられますか。命に別状はありますか。自宅ではどんな生活方法がありますか。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
うさぎの場合には骨がもろいことなどから犬猫と同様の手術が出来ない、また行っている
先生はいませんので首を包帯で固定したり、ステロイドや非ステロイド系の消炎鎮痛剤
を使うなどかもしれません

神経が障害され続けると、神経が壊死して亡くなることもあるでしょう
大変危険な状態です

自宅では安静にしてもらうしかないですね
wantaroをはじめその他名の小動物カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
あとは脊髄を圧迫するような腫瘍やなんでもないような嚢胞ができて
脊髄神経を圧迫していることもあるでしょう

小動物 についての関連する質問