JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ: 小動物
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 小動物 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

今年で、9歳になるうさぎなんですが、去年から、片方の奥歯が伸びてしまい、 <目やに><よだれ>が出始めてしまいまし

解決済みの質問:

今年で、9歳になるうさぎなんですが、去年から、片方の奥歯が伸びてしまい、
が出始めてしまいました。
歯を定期的に削る以外に方法がないようで、4~6ヵ月毎に病院で歯を削ってもらってます。
先日も、歯を削ってもらいに病院に行ったのですが、担当の先生が産休に入ってしまったため、新しい先生に処置してもらったんですが、先生曰く、「低酸素になってしまって、 麻酔がかけられなかったので、麻酔なしで、歯を粗く削った」と言われました。しかも、三回も麻酔をかけたようです。無理やり口を開けて歯を削ったようで、どのぐらい削ったのかもよくわからない上に、粗く削っただけなので、後日また処置すると言われました。
高齢の上に、何度も病院に行くのはストレスがたまってしまわないか心配です。
定期的に歯を削る以外に何か処置はないのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 小動物
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ・

ご質問ありがとうございます。

正直なところ、伸びてしまった歯は、物理的に削るしか方法はありません。
そして削る方法はほとんどの場合、全身麻酔は必須であり、よほどおとなしい子の場合に、無麻酔で削ることができることもありますが、それができる子はほんの一部です。
ですので、歯を削ろうと思えば、全身麻酔は必要です。

ただし、歯が伸びていたとしても、必ず削らないといけないかというとそういうわけではありません。
歯が伸びていても、口 腔粘膜を傷つけていない場合は、生活に支障はなく、削らなくても問題がないケースも多いです。
ただし、それが徐々にとがってくることが多いので、早めに削っておく方がいいことが多いのも事実です。

うさぎさんは10歳まで生きればかなり長生きな方に入ります。
ですので、現在9歳というのはかなりの高齢で(人でいえば80歳近いと思ってもらってもいいでしょう)、歯が伸びていても、あと寿命まで症状を出さずに生きられる可能性もあると思います。

もし、麻酔のリスクがかなり高い状態なのであれば、今症状が出ていない場合はたとえ歯が伸びていても、そのまま様子を見るということも悪くないと思います。
それから、もし症状が出てきた場合は歯を削るのが一番の方法ですが、ステロイド剤などの鎮痛消炎剤によって、症状を緩和するという方法もあるにはあります。
今すぐ急いで削る必要があるかどうかは微妙なところではないかと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

丁寧な回答ありがとうございます。


最初に症状が出たときは、目やにや、ヨダレがひどかったのですが、


定期検診でつれていったときに、奥歯が皮膚を破ってしまっていると言われました。ただ、うさぎは食欲もあり、目やにや、ヨダレなどの症状が全く出ていなかったので、先生も不思議がっていました。


全身麻酔が、かけられない状態では、なかなか難しいとのことでしたが、高齢になると、麻酔がうまくかからなくなるんでしょうか?


前回は、全く問題なく処置が出来ていただけに、今回麻酔なしで処置を行ったことが非常に不安です。


 

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
高齢になると麻酔がうまくかけられないということはありません。
ただし、麻酔が深くなりすぎてしまうことがあり、その場合に、低血圧や呼吸の抑制が強く出ることがあります。
ですので、麻酔の容量を少し少なくしたために麻酔のかかりが悪かったのかもしれません。

同じ要領でやっていれば「麻酔がうまくかからない」ということはないと思います。

麻酔なしでの処置というのは正直なところ、よほど慣れていないと逆に危険です。
japavetをはじめその他名の小動物カテゴリの専門家が質問受付中

小動物 についての関連する質問