JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ: 小動物
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 小動物 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

こんにちは。現在4歳のミニウサギ(♂)を飼っています。 牧草は食べ放題、ペレットは一日2回朝夜与えており、ご飯の時

質問者の質問

こんにちは。現在4歳のミニウサギ(♂)を飼っています。
牧草は食べ放題、ペレットは一日2回朝夜与えており、ご飯の時間になるとご飯ちょうだいアピールをしてお皿を奪うようにして食べるほど食欲旺盛でした。
月曜日(10/7)の朝、ご飯(ペレット)を全く食べず、おかしいと思いよく顔を見ていると、
目が少し揺れている状態だっ たので、すぐに病院に連れて行きました。
午前中に血液検査をし、午後4時から受け付けでしたので午後にまた病院に行きました。
血液検査の結果ではほとんどの値が正常で、GLU血糖が264mg/dl、GPT/ALTが103U/I、GGT(γ-GTP)が19U/Iと、少し高いということでした。
先生は、斜頸だろうとのことでした。首はほとんど傾いてはおらず、少しだけ水平方向右に揺れている状態でした。目の動きは相変わらず揺れていました。
原因としてはパスツレラ菌かもしれないが、はっきりとした原因はわからないということで、
その日は注射を2本打ってもらい、お薬(抗生物質と、食欲増進のお薬)を1週間分もらってきました。
お薬は一日3回のものと2回のものを2種類で、それぞれシリンジで与えるタイプです。
もともと抱っこもあまり好きではない子なのですごく嫌がりましたが、なんとか昨日と今日のお昼までお薬を飲ませています。
目の揺れはほぼ収まり、首もほぼ通常の状態になったように思えるのですが、食欲がなく、ゲージの中でじっとしている様子です。
牧草やお水は、たまに少しだけ口にします。大好きな乾燥パパイヤも、本当にたまに1粒くらいは食べてくれますが、ペレットは全く食べません。
強制給餌をしたほうが良いのでしょうか?お薬の嫌がり方からして、強制給餌をするとさらにストレスを与えてしまう気がしてなりません。恥ずかしながらうさぎさんの病気について今まで無知であったため、どうしてよいかわからずこちらに質問させていただきました。
まず今の状態で、私は何をしたらよいのでしょうか。よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 小動物
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんにちは。

ウサギちゃんが食欲不振で元気なし、眼振ありで薬を処方されたということですね。

症状からするとパスツレラ菌かエンセファリトゾーンという原虫感染による神経症状だと思います。治療はどちらかに限定せずニューキノロン系抗生剤とフェンベンダゾールという原虫を駆虫する薬を飲ませてあげて、その他に胃腸の動きをよくする薬や食欲増進剤など与えるとよろしいかと思います。症状に応じて皮下点滴をして水分を補給することも腸管の蠕動促進によろしいです。また炎症止めの注射(既に打たれているかも)も必要に応じて使う場合があります。

今は食欲がないということですね。ウサギは食べないとそれだけで具合さらに悪化します。強制給餌の前にチンゲン菜や小松菜など嗜好性の高いものを与えるのがよろしいかと思います。またどれだけ食べたかも重要ですが、どれだけ便がでているかも重要ですのでできれば1日の便の数を数えることをお勧めします。健康なウサギの場合最低でも100個は1日に出ますので、それ以下ですと少ないです。

眼振や体の揺れが改善している場合は少しずつよくなっていると思います。病院でウサギの食欲増進作用のあるシプロぺプタジン(ぺリアクチン)のシロップを処方してもらって飲ませることも方法の1つだと思います。

本日は野菜を与えてみてあげて、食べないようであれば明日病院で、ぺリアクチンの処方をしてもらう、皮下点滴をしてもらう念のため強制給餌用の粉状の食事を買っていただき食べさせ方を教えていただくなどをされることをお勧めします。食欲不振に対しても積極的に看護や治療をすることが大切です。

この病気は免疫力の低下やストレスが原因ではないかとされますので、今後の飼育環境についても改善するところがないか獣医師に確認されたり本で勉強されるのもよろしいかと思います。

 

小動物 についての関連する質問