JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ: 小動物
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 小動物 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

3歳になるうさぎ(メス)。 昨日、昼の11時頃、口元が濡れているのを発見。 口元を見ようとすると嫌がり、よく見て

解決済みの質問:

3歳になるうさぎ(メス)。
昨日、昼の11時頃、口元が濡れているのを発見。
口元を見ようとすると嫌がり、よく見ていると垂れている状態だったため動物病院を受診しました(かかりつけの病院は定休日だったため他の病院)。
受診前にゲージから出そうとした際、ひきつけのように全身をふるわせながら硬直し倒れそうになりました。その時はすぐにおさまったのでそのまま受診に行きました。
体温が40.9℃あり、抗生剤を注射し、翌日再度受診するように言われ、一晩は様子をみてどのようにひきつけを起こしているのか 見てみてください。と言われました。
夜中の1時過ぎ頃から30分おきに15秒~20秒程度の痙攣?ひきつけをおこしていましたが、3時頃から5~10分おきの30秒~40秒に起こるようになってきました。うさぎの疲労感も増しているように感じます。
受診予定の病院は9時から開院で、いつものかかりつけ医は8:30から。またいつものかかりつけ医は救急24時間受け付けなのですが、いますぐ受診した方がいいのでしょうか。
見ているとつらそうに息をしており、何とかしてあげたいのですが、どうしたらいいのか分かりません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 小動物
専門家:  yasuyuki 返答済み 4 年 前.
頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

直ぐに受診してください!
原因は何であれ、けいれんがそこまでひどいなら、それを抑える注射が必要です。細菌感染や寄生虫が原因かもしれません。緊急性が高いので、これに返信するよりも、すぐに受診してください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

回答ありがとうございました。


5時過ぎから足に力が入らないよう(触っても動かない)で、今も顔(顎)を上を向け、やや反った状態でぐったりとしています。時々顔がビクッとひきつることがありますが、それが痙攣かどうかもわからない状態です。


かかりつけ医は電話がつながらず、昨日抗生剤を打った病院にだめもとで電話をかけたら診てくれるとのことで、受診してきました。


痙攣が起こる可能性として、うさぎの場合寄生虫などが原因の脳炎の可能性が高いと言われました。フェノバールを注射し、午後にもう一度受診する予定です。


昨日は飲食をしているところを見ておらず、夜間1回尿と少量の便がありました。今日も、無理に食べさせることはないとのことでしたが、2日何も口にしなくても大丈夫なものなのでしょうか?状態が悪い=入院の可能性も!?と考えていたのですが、また自宅に戻ってきました。このまま死んでしまいそうな気がしてなりません。

専門家:  yasuyuki 返答済み 4 年 前.

診療してもらえてよかったですね。

飼い主様の迅速な行動が今後の回復に寄与してくれることを願います。

当院では、パスツレラという細菌による急性脳炎と思われるものによく遭遇しますが、エンセファリトゾーンという寄生虫による脳炎もあります。

前者は徹底的な抗生物質投与が間に合うこともありますが、後者は確実に有効な駆除剤がないので、それによる急性脳炎の場合には残念ながら回復は難しいでしょう。

しかし、脳炎自体や痙攣自体は薬で抑えられる可能性はありますので、このまま対症療法を継続して回復を期待することになります。

食事をしていないことはやはり気になることだとは思いますが、意識がしっかりしていない状態での強制給餌は誤嚥の危険性があり、それによる肺炎のリスクを考えると、主治医のおっしゃるとおり「無理に食べさせることはない」ということになります。

少しでも回復傾向があれば、できるだけ早めに強制給餌が必要でしょう。同時に胃腸運動促進剤の注射投与や輸液、また食欲増進剤の投与が補助的に有効です。

今日の午後の診療で、経過観察の結果次第では、そのような治療が始まってくるでしょう。

うまく回復してくれることをお祈りしております。

yasuyukiをはじめその他名の小動物カテゴリの専門家が質問受付中

小動物 についての関連する質問