JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ: 小動物
満足したユーザー: 5472
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 小動物 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

飼い始めて七年になる雌です。最近唇皮膚の色の色などピンク色だったところが黄色くなってしまいました。

解決済みの質問:

飼い始めて七年になる雌です。最近唇、皮膚の色、鼻の色などピンク色だったところが黄色くなってしまいました。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 小動物
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

動物はフェレットですか?

最近食欲が無い
尿がかなり黄色い
痩せてきた

などはありませんか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

フエレェトです


そぅです

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
最近食欲が無い
尿がかなり黄色い
痩せてきた

などはありますか?

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

質問者: 返答済み 4 年 前.

症状もそうです

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
原因として考えられるのは
副腎皮質機能亢進症によるホルモン過剰による貧血

リンパ腫による貧血や黄疸

などが原因で起きている可能性が高いと思います。

かなり悪い状態だと思います。
早急に病院に行き検査や治療を受けた方が良いでしょう

治療は副腎疾患の場合には手術や内科療法でリュープリンやメラトニンを使用する

リンパ腫の場合にはステロイドやリューケランのような抗がん剤などが
治療方法になります、
wantaroをはじめその他名の小動物カテゴリの専門家が質問受付中

小動物 についての関連する質問