JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ: 小動物
満足したユーザー: 5479
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 小動物 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

今年10歳になる♀うさぎ(雑種約2.0㎏)です。最近後ろ足で立つのが困難になりました。年齢のせいでしょうか? 走っ

解決済みの質問:

今年10歳になる♀うさぎ(雑種約2.0㎏)です。最近後ろ足で立つのが困難になりました。年齢のせいでしょうか?
走ってくるときも、やはり時々こけます。食欲もあり元気ですが、治療法・今後の飼育に対する注意点等ありましたらアドバイス、宜しくお願い致します。多少肥満気味かもしれません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 小動物
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
はじめまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もあることをご理解ください。

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

運動は一日に何分位していますか?

レントゲン検査をしたことが有りますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

レントゲンは撮っていません。また1日中リビング(約10畳間)に放し飼いにしています。

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
原因として考えられれるのは

①腰の骨が骨粗鬆症で脆くなり、運動したときに
圧迫骨折して骨の中を走っている脊髄を圧迫したので
麻痺が出て、立てない、滑るなどの症状があるのだと
思います。
レントゲン検査や神経学検査が必要です
やや高齢になると運動量が野生のウサギと比べて
少ないためか近頃のうさぎではよくみる
症状です。治療方法は非ステロイド系の消炎鎮痛剤や
床を滑らなくするなどが治療です。
この病気は骨を強くするような治療はないので
飼い主が注意する、滑らない様に環境を整えるなどに
なります

②股関節脱臼
何処かで滑ったり、落ちた時に股関節が脱臼しているので
こけるとか立てないなどの障害が出ている

うさぎを専門的に診察している病院で早めに
診察を受ける事をお勧めします
wantaroをはじめその他名の小動物カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
診断がつけばそれに対して対処する方法がみつかります。

完治は難しくてもうまくコントロールできる事もできるでしょう。

小動物 についての関連する質問