JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ: 小動物
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 小動物 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ウサギの毛が抜ける(なめながら抜いている?)場所は顎と右足第二間接辺り外側。

解決済みの質問:

ウサギの毛が抜ける(なめながら抜いている?)場所は顎と右足第二間接辺り外側。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 小動物
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

顎に関してはよだれが多くなる病気で毛が抜けることが多いですが、よだれが増えているということはないですか?
また第二関節とは具体的に人で言う手首の部分のことでしょうか?

よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

確かに、ウサギにしては何時もよだれを垂れています。右足は(後ろ足)人で言う膝から足首にかけてです。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

まず顎に関して、よだれが多いという症状で一番多いのは口 の痛みです。
ウサギちゃんのよだれのほとんどの原因が不正咬合に伴う臼歯の過長による痛みであることが多いです。
それによってよだれがでて、顎の下の皮膚がよだれによって荒れてしまって毛が抜けてしまうことが多いです。

それから足のその部分に関しては一番多いのは足底皮膚炎です。
特に金属のような硬い床やすのこの上で生活している子の場合は体重がかかるその部分の皮膚が荒れてしまい、毛が抜けることが多いです。
そこに涎が付いていたのはおそらく皮膚が荒れてかゆみや痛みが出て、気にして舐めていたせいで湿っていたのではないかと推測します。


歯に関しては痛みが強くなると食欲も落ちてしまうので、一度口の中をのぞいてもらい(うさぎさんを普通に診ているところであればよほど暴れる子でなければ無麻酔で出来ます)、もし伸びている場合は麻酔をかけて削ってもらう必要があるかもしれません。
また足に関しては柔らかいマット(かじらなければ)床材を使ってもらうことと、ご質問にも書かれているようなケア(いい方法だと思います)をしてもらうこと、それから皮膚の炎症がひどい場合はお薬も必要になるかと思うので、歯と一緒に診てもらうといいでしょう。
夏の気候(高温多湿)は足底皮膚炎を助長するので、直接風があたらないようにだけはしてもらって蒸し暑くないようにしてあげるのもいいでしょう。

それほどい側状態ではないと思いますが、早めに病院で診てもらうといいかと思います。
japavetをはじめその他名の小動物カテゴリの専門家が質問受付中

小動物 についての関連する質問