JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ: 小動物
満足したユーザー: 5513
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 小動物 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

はじめまして、お知恵を貸していただきたく質問させていただきます。 メスのフェレット5歳についてです。5月初め頃から

ユーザー評価:

はじめまして、お知恵を貸していただきたく質問させていただきます。
メスのフェレット5歳についてです。5月初め頃から吐き気の症状が酷く
何度か獣医の元 へ通い、日々の経過や検査の結果などから巨大食道症とわかりました。
フェレットでは珍しいとの事で、ネットで検索してもあまり情報がなく困っています。

食べる元気がないのか、自力ではご飯を食べようとしないので
(もしくは吐いたトラウマ?でしょうか?)
起立の状態で強制給餌、その後30分程立たせた状態にてだっこしています。
今まで病気1つせず元気な子だったので、とても悲しく、本人が一番辛いのだからと
悲しんでばかりいられないと、できる事は何でもしてあげたいと思っています。

餌についてなのですが、今はふやかしてすり鉢で擦った餌に(テクニケアという顆粒の物)
アイソカルプラスを加えて与えたり
普段から食べていた物をふやかして、ペットミルクを混ぜてみたり
なるべく飲み込みやすいようサラサラにして強制給餌にて与えていますが
とても嫌がります。私のあげ方も不慣れで食べにくいのかもしれません。
この辺はかかりつけ医にレクチャーしてもらいにいってきます。

なんとか胃にご飯を送ってあげて、すこしづつでも元気になってほしいと思っています。
餌の配合や餌に混ぜたらいいよというようなサプリなどありましたら教えて頂きたいです。

ちなみに普段大好物だった言うような食べ物が特になく
カリカリしたもの以外はあまり受け付けない子です。
バイトもあまり今は受け付けません。

少々困惑してしまい、分かりにく文章で申し訳ありません。
餌の事以外にも、巨大食道症に関して何でも結構ですので
お知恵をお貸し下さい!!!
宜しくお願い致します!
はじめまして、質問ありがとうございます。

診察をしていませんし文章からの推測です。適切なアドバイスが出来ない場合もあることをご承知ください。追加の 質問や情報があれば書き込みをお願いします。

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

血液検査やレントゲン検査、超音波検査など行った検査内容を教えてください。
質問者: 返答済み 5 年 前.
初めまし て、ご返答ありがとうございます。
早速ですが、以下詳しい状況です。

もともと吐きやすい子なのですが、5月始め(連休前)に
食後すぐギュルギュルという大きな音とともに嘔吐し
そのままかかりつけ医の元へ連れて行ったのですが、状況を説明するも年齢的にインスリノーマを疑ってもいいと思うのですが、とても元気で体重の減少もないので様子を見ましょうと、その際は吐き気止めのお薬を頂いて帰宅しました。
その後、ご飯をふやかしに切り替えてインスリも視野に入れビール酵母など加え試行錯誤し
餌を与えてみたら、とてもよく食べてくれ、吐くこともたまにあるという感じでした。
しかし5月中旬にまたキュルキュル音と共に餌を吐き出したので、再度かかりつけ医の元に
連れて行ったのですが、その際撮ったレントゲンでは少々胃にガスが溜まったいるだけで
特に以上もなく、元気に暴れたので、もしまた様子を明らかな体重減少やぐったりする様子があったり、おかしな様子があればすぐに血液検査をしましょうと言われ、その際も吐き気止めのお薬を頂いて帰りました。

その後も変わらずふやかしご飯を与えると美味しそうに食べてくれていたのですが
先月末頃より、食べる量が減り残すようになりました。

そして今週の月曜に頻繁に泡を吐いてぐったりしてたので
病院に連れて行こうにも、かかりつけが休診日だったためフェレットを見れる病院を探して
いつもと違う病院に連れて行き、インスリノーマかもしれないと伝え
血液検査とレントゲンを撮っていただきました。
そのときの結果が以下です。用紙を見たままお伝え致します。
単位の記入が分からないので、数字のみのところもあります。

【血球計算等】
WBC 32
Seg 99.4%
Lym 0.6%
RBC 139.4
Plt 100.6
Hb 23.5gm/dl
PCV 65.3%

別紙
ALB 4.0 g/dL
ALKP 33 U/L
ALT 145 U/L
BUN 75 mg/dL
Ca 9.6 mg/dL
CREA 0.6 mg/dL
GLOB 3.9 g/dL
GLU 157mg/dL(空腹時)
TP 7.9g/dL

以上からインスリノーマの疑いはなく、極度の脱水症状という事で
皮下点滴をしていただきました。
同時に撮ったレントゲンでは胃がまっくろでガスが 溜まっています。という事でした。
お薬も特に出ませんでした。
その日の夜は少々疲れたようで、べたーっとふとんの上で横になり
バイトをぺろぺろしたのみでフードは食べませんでした。
翌日↑の病院にて再度皮下点滴をして頂き、胃のガスが何か異物を飲み込んだ事による物か
調べてみましょうと言われ翌日バリウム検査をしましょうという事でお薬を頂いて帰りました。

バイトリル50mg
プレロン5mg
ファモチジン錠
プリンペラン嬢
マイトマックス

晩にバイトに混ぜてなめさすも、イヤイヤして半分くらいバイトを残しました。
少し元気が戻って、お気に入りスポットに走って行ったり
出せ出せ攻撃したり、いつものように戻りつつあるように思えたので
元気がでてきたし、ご飯食べれるかな?とふやかしをあげたら受け付けず
試しにカリカリはどうかな?と鼻にくっつけたら
凄い勢いで食べ始めて、もっとちょうだいと言う感じでがっついて
10粒程食べました。いきなりこんなにカリカリ大丈夫かなと思っていたら
10分も立たないうちに吐き出してしまい、その後4時間ぐらい
休んでは嘔吐、休んでは嘔吐を繰り返し、一時昏睡状態のような感じになり
真夜中だったので様子を見る事しかできず、翌朝(昨日の朝です)
すぐに行けるかかりつけの獣医さんの元へ連れて行きました。
あまりにぐったりなのと、前日、前々日に別な獣医さんのところへ連れて行った旨を伝え
先ほどの↑の血液検査の結果と、レントゲンでの胃の状況、もらったお薬、今日バリウム検査を
受ける予定だった事など、ペットの状況も伝えたところ
ぐったりしていた事もあり、このままお預かりしてここでバリウム検査しましょうということで
かかりつけの獣医さんの元で昨日バリウム検査を受けました。

その結果、一目瞭然という様な感じで「巨大食道症」と診断されました。
そして立たせてご飯をあげる事など、食後しばらく直立させておく事
肺炎などおこす可能性があること、現状手術はできないことなどお聞きしました。

処置としましては、バリウム造影の他、脱水の皮下点滴2本、乳酸リンゲル、エリーテン注、ラニチジン注
投薬処置、ブドウ糖液50%の他、処方薬にガスモチン錠2.5mgを1週間分頂いて
昨晩から強制給餌です。昨日別な病院から頂いたお薬はストップしています。

バリウム造影の様子は30分おきのレントゲンを見せていただきましたが
始めの30分程拡張した食道にバリウムが溜まっている様子がはっきり分かるような状態でした。


とりあえず、ここ数日の様子や流れなどばーっと書いてみました。
長文になってしまって分かりにくいかもしれませんが、宜しくお願い致します。
巨大食道症の原因については色々とあるとされています。
時折みるものですが、原因については様々です。
細菌やウィルス感染、リンパ腫などの腫瘍、炎症性腸疾患、原因不明の免疫不全症 副腎疾患などが原因としては考えられます。
特に個人的にはリンパ腫が原因である可 能性が高いと思うことが多いですよ。
その次には副腎疾患です。
後から突然に頚部が腫れたり、超音波検査で胃腸に付随するリンパ節が腫れているなどあり調べるとリンパ腫だったということが最も多かったように思われます。
また副腎疾患も有名な脱毛する個体は減り、ホルモン過剰による脱毛以外の虚脱や 消化管の運動機能低下など非特異的症状を出すものが居ます。
フェレットをよく診れる病院を見つけられて良かったですね。
適切な処置をしていると思います。
処置に関しては今かかっている病院の行っている方法で問題ないです。
食餌については体重あたり70kcalを目安に与えるようにしてください。
個人的には美味しくてカロリーの高い 森乳サンワールド 犬猫用 チューブダイエット (カケシア)などをお勧めします。
これにいつも食べているドライなども混ぜてもよいと思います。
サラサラした粉で水に溶けやすく美味しいです。
あとは状況を見ながら腹部超音波検査で異常な箇所がないかなどを調べてもらった 方が良いでしょう。
wantaroをはじめその他名の小動物カテゴリの専門家が質問受付中
超音波検査で
副腎に異常が無いか、リンパ腫などの腫瘍を疑う所見が無いか調べる

胃腸に異常な箇所や運動性についてチェックするなどが

超音波検査の目的です。
wantaroをはじめその他名の小動物カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
返答が遅くなり申し訳ありません。貴重な情報を教えていただきありがとうございます。
超音波検査の件は主治 医と相談して、リンパ腫等の腫瘍が見つかったら、本人の体調をみて
手術か内科治療か判断したいと思います。
今もあまりご飯を食べてくれませんが、本人の苦にならないようにできることは色々やってみようと思います。元気が戻ることを信じて。
人間もですが、動物も時おりものすごい生命力を見せると聞きます。

教えていただいたフードも参考に、根気よく病気とペット共々戦います。
ご丁寧な回答ありがとうございました。
またなにかわからないことがあった際はよろしくお願い致します。
お大事にどうぞ

小動物 についての関連する質問