JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ: 爬虫類・両生類
満足したユーザー: 5478
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 爬虫類・両生類 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

はじめまして。 全長約20センチ 35グラム のフトアゴヒゲトカゲです。 飼育して1ヶ月  お迎えして3週間目

質問者の質問

はじめまして。
全長約20センチ 35グラム のフトアゴヒゲトカゲです。
飼育して1ヶ月 
お迎えして3週間目に温度不足のため3日入院しました。

退院してからはケージ内28度 スポット35度位を保っています。
夜間は24~26度くらいまでケージ内は温度が下がります。

退院してから3日目に拒食がはじまり完全に食べなくなって6日です。

拒食が始まってからはカルシウムの補給もできてない状態だったので本日カルシウム剤を水に溶かして飲ませました。

一日中パネルヒーターの上にいます。

質問ですが、2~3日前から気がつくと前足が完全に折り曲がっています。
その状態で動きません。
気がつくと直しているのですが、少し動くと折れ曲がっています。

左右どとらかがその状態で、決まった方ではありません。

拒食の原因がストレスであれば、前足を直す行為はストレスになるのではないか?と思い始めてきましたので、折れ曲がったままそっとしています。

単なる固体のクセみたいなものであれば気にしないのですが、病気の前兆であれば対処したいと思っています。

拒食中ですが、糞はします。(小さめで黒っぽいです)

強制餌食はしていません。
コオロギは冷凍なので食べる意思が無いときはすぐに外しています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 爬虫類・両生類
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

おそらくストレスではなく、ビタミンAやカルシウム代謝障害による
筋肉や骨の障害の症状だと思います。

生のミルワームやコオロギなどの餌やビタミンAの注射、カルシウム給餌
38℃前後のお湯での温浴など代謝を促して状態を改善させる治療が必要でしょう

早めに病院に行き診察と治療の相談をしましょう
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速のご返信ありがとうございます。


 


追記します。


 


4日前より テトラレチゾルを1日2滴飲ませています。


 


明日ハニーワームが届きます。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
お大事にどうぞ

また担当医にも一度相談してみましょう
質問者: 返答済み 3 年 前.

申し訳ございませんが、専門医に行く前に自宅でできることをできる範囲で行いたいので追記しました。


 


入院中に注射の処置はしていますし、温浴も行っています。


拒食中なので餌食が難しくなりカルシウムは水分で補っています。


 


今の対処の仕方では足りませんか?


 

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
すいませんが、そういった注射や温浴の記述が無い状態でのお話でしたから
こちらも普通にお話しさせていただきました。

情報の記載が詳細にされていないことが回答の内容を左右させることをご理解ください


できる範囲と言われるなら、まずはミルワームを強制給餌させてください
大脳が発達している動物ではありませんのでストレスでおかしくなるなどは
犬猫と異なり無いと思います、経験上でもそういったことはありません
質問者: 返答済み 3 年 前.

記述不足で申し訳ございません。


 


前足の折れ曲がりははじめに言われた通り、クル病や他の病気の前兆ではなく、カルシウム不足からの筋肉や骨の障害・・と考えてよろしいでしょうか?


対策としては、ミルワームではありませんが、ハニーワーム(ブドウ虫)とカルシウムやビタミンの補給と紫外線で大丈夫ですか?


 


改善しないようなら、受診します。


 


また、拒食対策があれば教えてください。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
骨代謝性障害(所謂くる病)が出ている時に同時に筋肉や骨の障害が出る事が多いように
思います。

詳しくはレントゲン検査が一番だと思います

ビタミンAの注射をしてもらっているならあとはおっしゃるように
食餌とカルシウム、ビタミン剤、紫外線(できれば フルスペクトルライト)や
追加で運動をさせることでしょう。

食餌が大きな要素になりますので、しっかりと与えてください

また胃腸の運動機能を亢進させて食欲が出るようにプリンペランやシサプリド
(日本では手に入らない)などの経口薬がおそらく補助で必要でしょう。

質問者: 返答済み 3 年 前.

わかりました。


少し見えてきました。


 


飼育環境ですが、パネルヒーターの上にセラミックヒーターを設置しています。


フトアゴはいつもパネルヒーターの上にいます。


 


調べてみるとパネルヒーターはセラミックと反対側の気温が低いところに設置とありましたが当方のやり方でも大丈夫でしょうか?


(下からを上からの暖めが同じような位置です)


 


はじめは市販ケージですと前方にパネルヒーター用の場所があるのでそちらに設置していましたが、パネルヒーターの上にいることはほとんどなく、夜間の低温のため衰弱しました。


フトアゴのいつもいる場所や寝る場所にパネルヒーターを移し、保温球はパネルヒーター寄りの中央部分に設置しています。


 

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
冬場で本人が暖を必要としているなら、今の状況で良いと思います

あとはヒーターの熱で体が乾燥しすぎないように加湿器を近くに置く、定期的に霧吹きで体を
湿らせるなどが良いかもしれません
wantaroをはじめその他名の爬虫類・両生類カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。


 


失礼な態度を取ってしまい申し訳ございませんでした。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
お大事にどうぞ

爬虫類・両生類 についての関連する質問