JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ: 爬虫類・両生類
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 爬虫類・両生類 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

ギリシャリクガメの後ろ足がパンパンに膨れて、甲羅にしまうことも出来ません。触ると、風船のような感じです。 原因と治

解決済みの質問:

ギリシャリクガメの後ろ足がパンパンに膨れて、甲羅にしまうことも出来ません。触ると、風船のような感じです。
原因と治療法を教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 爬虫類・両生類
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

いろいろ考えられますが、ご自宅で治療ができるようなものではないと思います。

外傷からの膿瘍:どこかでケガしたのが、膿んでしまって、チーズのような塊ができているのかもしれません。手術で膿を摘出します。

骨折:骨折による、腫れが、ひどくなっているのかもしれません。炎症を抑え、手術をすることも必要かもしれません。

何かの線維がからみついている:シュロや紐などが巻き付いていると、うっ血してきます。巻き付いている物を探して、切ります。これなら、ご自宅でも処置可能かもしれません。

雌個体の産卵障害:血行が悪くなり、むくんでいるのかもしれません。手術で卵、あるいは卵管ごと摘出が必要です。

腎不全:腎臓が悪くなり、末期になると、むくんできます。残念ですが、治療はできません。

yasuyukiをはじめその他名の爬虫類・両生類カテゴリの専門家が質問受付中

爬虫類・両生類 についての関連する質問