JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ: 爬虫類・両生類
満足したユーザー: 5400
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 爬虫類・両生類 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

ケヅメリクガメを飼育しています。 生後1年半ほどで、甲長21cm、体重約1900gです。 90cm(幅)×45c

解決済みの質問:

ケヅメリクガメを飼育しています。
生後1年半ほどで、甲長21cm、体重約1900gです。
90cm(幅)×45cm(奥行き)×30cm(高さ)のフタ付き水槽で飼っています。
一昨日、夜中に保温球がゆるみ、点灯せずに温度が一晩下がったままに なりました。
温度は室内ですが8度cほどまで下がりました。
昨日、保温球が点灯していないことに気付き、すぐに復旧させたものの、
元気がなく、エサも朝6時には食べるんですが、食べ始めたのは
午後になってからでした。
注視してみると鼻から黄色っぽい鼻汁がでていました。
今日になって目も腫れぼったくなっています。
動物病院で爬虫類の診察をしていただけるところを探したのですが
県内には一軒しかなく、能登のほうで車で4時間近くかかってしまうため、
平日に行くことができません。
何か、家庭でできる対策はありますでしょうか?
よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 爬虫類・両生類
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして、診察をしていませんし短い文章からの推測です。適切なアドバイスが出来ない場合もあることをご承知ください。追加の質問や情報があれば書き込みをお願いします。

肺炎やビタミンA欠乏症を起こしている可能性が高いでしょう。

37℃のお湯で温浴を3~4回/日を5分くらいさせてください。
それからビタミンAが必要なので 爬虫類牧場パウ などを購入してビタミンA
を与えましょう。温浴をすると食欲が出るので栄養価が高い食餌を
与えましょう。

肺炎は悪化するとやっかいなので、できれば抗生剤が必要です。

飼育環境ですが少し狭いように感じます。3倍は広さが必要です。
また紫外線灯やフルスペクトルライトが無いのであれば
それもつけてあげた方が良いでしょう。

お大事にどうぞ
wantaroをはじめその他名の爬虫類・両生類カテゴリの専門家が質問受付中

爬虫類・両生類 についての関連する質問