JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ: 爬虫類・両生類
満足したユーザー: 5477
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 爬虫類・両生類 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

飼育1年目のウォータードラゴンの雄です。昨年末に、口元を怪我して以来、そのせいかどうかわかりませんが食欲がなく、現在

解決済みの質問:

飼育1年目のウォータードラゴンの雄です。昨年末に、口元を怪我して以来、そのせいかどうかわかりませんが食欲がなく、現在唯一食べるのはワームだけです。爬虫類用のエサをふやかしたりして、口を開けた隙に入れてやれば飲み込みますが、だんだんと弱ってきているようで心配しております。近くに爬虫類を診てくれる病院がなく、こちらでもしアドバイスをいただければと思います。よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 爬虫類・両生類
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして 診察はしていませんので文章のみからの推測にしかすぎません。
少ない文章からの推測です。
的確なアドバイスが出来ない場合もありますのでご容赦ください。
質問やさらにお聞きになりたいことがあれば情報や要望を入力をお願いします。

口の怪我だけが食欲不振の原因ではないでしょう。
体調が悪いので好きな餌しか食べていないのでしょう。

色々な原因が複合して起きている可能性が高いでしょ う。
ビタミンA不足、日照不足、ビタミンDとカルシウムの不足の複合要因により代謝障害を起こしている。

細菌や原虫、寄生虫感染で胃腸炎を起こしているなど考えられます。
大抵の幼体では感染が原因で栄養不足を起こします。
便検査でこれらがみつかれば駆虫することが必要です。

近くに病院がないのであれば
①温浴する 37℃くらいで5分を3~4回/日してください
②ビタミンやカルシウム不足を補うためにサプリメントを与える。
国内だと”爬虫類牧場パウ”という製品があります。
③フルーツなどをジュースにして給餌する。
④人工灯(フルスペクトルライト)を使用していないならこれを購入して当てる

などをしてください。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございました。

いただいたアドバイスに関してですが、

①温浴はさせていましたが、そこまで頻繁にはしていませんでした。
②サプリメントは餌にまぶして与えており、食欲が落ちてからはワームに振りかけています。
③ジュースにするというのは思いつきませんでした。早速実行してみます。避けた方がいいフルーツなどはありますでしょうか。
④人工灯、バスキングライトなどは適宜使用しております。

また、回答を拝見してさらにお尋ねしたいのですが、

同じ年のメスをいっしょに飼育しておりますが、こちらは食欲も旺 盛で元気いっぱいです。寄生虫が原因だとすると、移る可能性もあるでしょうか。別々に飼育する方がいいでしょうか。

リクガメなどは、便の様子を見て寄生虫を見つけられますが、ウォータードラゴンの場合は見てもわかりませんでした。やはり医療機関で検査していただいた方がいいでしょうか。

ぐったりしている状態ではなく、動き回ってもいますが、やはり飼い主の目から見ると普段とは違うようで、とても心配しています。口に入れてやれば飲み込めますが、無理に給餌しない方がいいでしょうか。また、ワームだけは喜んで食べるのですが、食べるだけやってもいいものでしょうか。

的確に状態を説明できずにすみません。よろしくお願いいたします。

 


専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
寄生虫は感染する可能性が高いので別に飼育しましょう。

リクガメもそ うですが回虫だけが寄生虫ではありません。
中々発見できない寄生虫は顕微鏡でみるとよく見つかります。動物病院で顕微鏡検査をしてもらうことが必要です。あとは原虫なども顕微鏡でみないとわかりません。

避けた方が良い野菜はアボガドくらいです。

食べるだけまだ良いのでとりあえずは食べさせてください。
給餌するにはできればゾンデというものを使って胃内に給餌するのがベターです。
ただこれは普通はエキゾチック専門の獣医師以外では出来ません。
とりあえずはシリンジなどを使って少しずつ口に入れて口を上に向けることです。

最終的には早めに病院に行き診察を受けて治療するのが近道です。
爬虫類をみてくれる病院が少ないのでご苦労があるとは思いますが
出来れば早めに病院に行きましょう。
結局は早期治療が時間もお金もかけずにペットの命を助けることが出来る
可能性が高いでしょう。
wantaroをはじめその他名の爬虫類・両生類カテゴリの専門家が質問受付中

爬虫類・両生類 についての関連する質問