JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ: 爬虫類・両生類
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 爬虫類・両生類 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

インドシナウォータードラゴンを飼育しています。 まだ、1才の幼体です。爬虫類の飼育は初心者で、ショップに言われた通

解決済みの質問:

インドシナウォータードラゴンを飼育しています。
まだ、1才の幼体です。爬虫類の飼育は初心者で、ショップに言われた通りの飼育方法を守っているつもりです。変更した事といえば、コオロギを食べなくなったので、シルクワームに、ビタミンカルシウムをてんぷして与え ています。一ヶ月前位から両腿の所に小さな脹らみのようなものが、表面を覆っているようにでき、それが広がってきています。色は枯れ葉のようで水泡とは違って硬い感じの大小のつぶつぶです。以前より、もちもちしていた腿が、茶色くしわしわになってきているのもきになります。本人は、元気に水槽の側面をひっかいたり、水浴びしたり、エサもよく食べていつも通りにしています。皮膚病なのでしょうか。治るのかとても心配になってきました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 爬虫類・両生類
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

皮膚病だと思います。本種においては細菌、真菌(カビ)による皮膚病での受診が多いです。それ らの場合は消毒が必要になってきます。ただし、それだけでよいかは分かりません。亡くなった子を解剖させてもらうと、肝臓や腸まで病気が広がっていることがあります。こんな状態でよくいきていたなと思うくらいです。ですから、今、まだ食欲があるうちに、動物病院を受診してあげてください。現在の飼育環境になんらかの問題がある可能性がありますので、ケージ、床、照明、暖房器具、近景、遠景など何枚か写真を撮影して、動物病院で見せてもらうと参考になると思います。ダスティングしている物も成分が分かるように、持参されたほうがいいでしょう。

早めに対処すればなんとかなると思います。

yasuyukiをはじめその他名の爬虫類・両生類カテゴリの専門家が質問受付中

爬虫類・両生類 についての関連する質問