JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Sho1151に今すぐ質問する
Sho1151
Sho1151, 宅地建物取引主任者
カテゴリ: 不動産取引
満足したユーザー: 3
経験:  不動産業務歴4年
64306367
ここに 不動産取引 に関する質問を入力してください。
Sho1151がオンラインで質問受付中

不動産の処分を考えています。仲介専門に任せようと思っていますが、仲介手数料以外にかかる費用を教えてください。また、それら

質問者の質問

不動産の処分を考えています。仲介専門に任せようと思っていますが、仲介手数料以外にかかる費用を教えてください。また、それらの中で払わなくてもいい項目があればそれも教えてください。仲介手数料は金額的に3パーセントになろうかとおもいますが、業者側にしてみるとそれを超えない範囲での請求なので2パーセント、1パーセントと交渉は可能なものでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 不動産取引
専門家:  kokyou 返答済み 1 年 前.
不動産売買に係わる諸費用の明細ということですね。 ご指摘の仲介手数料が費用の大部分を占めることからすると、仰るような交渉ができれば費用の削減は大きいものとなります。 この仲介手数料は法定手数料として上限が決められています。例えば1000万縁の売買価格の場合ですと、200万円までの部分が5%・・・・・・・・・10万円    200~400万円までの部分が4%・・・・8万円400万円を超える部分が3%・・・・・・・18万円ごれの合計が36万円となり500万円以上の物件で早計算で3%+6万円と一般に云われています。 現状、いろいろなジャンルで価格破壊が進んでいます。不動産業界もご多分にもれず規定よりも安くする業者も存在します。ただ、あくまで交渉次第そしてコストパフォーマンスにあった業者・担当者ということになります。 安いからと言って売買に係わる各サービスがおろそかになるようでは本末転倒です。見極めは難しいのですが、そのあたりは慎重な対処が必要です。数社で売買価格の査定を依頼しながら、担当者の対応や見積りを比べてみると良いでしょう。 そして、仲介手数料の他の費用です。登記に関することでは、売渡証書の作成と、抵当権設定があれば抵当権抹消手続き費用。これは普通は司法書士さんに依頼します。 後は固定資産税未払い部分があれば引き渡し日でもってその清算、マンションであれば管理費積立金の清算ということになります。

不動産取引 についての関連する質問