JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Sho1151に今すぐ質問する
Sho1151
Sho1151, 宅地建物取引主任者
カテゴリ: 不動産取引
満足したユーザー: 7
経験:  不動産業務歴4年
64306367
ここに 不動産取引 に関する質問を入力してください。
Sho1151がオンラインで質問受付中

今分譲マンションに住んでいますが、戸建を購入することになりました。 その際仲介業者がマンションを買い取る契約で戸建

解決済みの質問:

今分譲マンションに住んでいますが、戸建を購入することになりました。
その際仲介業者がマンションを買い取る契約で戸建の売買契約を結びました。
しかし戸建の完成まじかになって約束した金額よりも200万安くでないと買い取れない
といいだしました。しかし約束した金額で買い取るという「書面」は取っていません。
ローンの資金計画書に書き込みがある程度です。
このような場合は私が泣き寝入りするしかないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産取引
専門家:  Sho1151 返答済み 5 年 前.
ローンの資金計画書では効力が無いので、
売りの売買契約を結んでいないことや書面が残っていないことが大きな痛手ですね。

書面で残っていないので、絶対の効力がある方法は正直無いです。
ですので、最悪は泣き寝入りになる可能性もある上で、悪あがきをする方法を提示致します。
相手があることなので、必ず通用するわけではありませんが、
意見が通ったことが多い例をご紹介します。

今回 のような例の場合は「錯誤」を主張される方が多いです。

戸建ての契約をする上で重要な判断要素であった「マンションの売却額」について、提示された金額が納得出来るものだったから契約したと思います。
もし、その金額より200万円安い金額であれば果たして質問者様は契約しましたか?

「仲介業者が提示した金額でマンションを買うから」という条件で「戸建てを契約した」ということを全面に出して、「その金額以下でしか買えないのであれば、そもそも戸建ての契約をしなかった」ことを主張してみてはいかがでしょうか?

今回の例は業者も元々提示していた金額を覚えているようですし、その金額で買い取れないというのは契約上の判断を誤らせることになりえます。

その上で、元々の金額で買い取るかその金額で買い取る業者を探してくる等の方法を取らせ、取れないのであれば、戸建ての契約を白紙解約したい旨を申し出ましょう。
もちろん契約書状は戸建ての契約を白紙解約できる条項は満たしていないので、「必ず出来る」という権利はありませんので、あくまで業者に対する脅し的要素が強いですが。
その上で、もし先方が応じる気配がなければ消費者庁や全宅連(全国宅地建物取引業連合協会)に相談しにいくことも選択肢です。

実際に裁判をしても書面が無いのでこちらは不利なので「しかるべき機関に申し出る」とは言いつつも、無理に裁判に持ち込もうとはしない方がいいでしょう。
最終的な落としどころとしては仲介業者が元々の金額を支払うことです。
上記の方法で業者が「裁判すれば勝てるけど、裁判起こしたら自分の会社と戸建ての業者の評判が下がって後々の営業に影響が出るから出来れば裁判はしたくない。面倒だから金で解決しよう」と思ってお金を払う例が多いです。

最悪は泣き寝入りになる可能性もありますが、主張だけはしっかりしましょう。
不動産はあくまで弱者である一般個人が優位ですし、虚偽の事実を伝えて契約を誘引するのは宅建業法に違反します。
それを盾に強気に出ることが重要です。
頑張って下さい。
Sho1151をはじめその他名の不動産取引カテゴリの専門家が質問受付中

不動産取引 についての関連する質問