JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産取引
満足したユーザー: 313
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産取引 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

従兄弟が借りる部屋の保証人になりました。12月10日頃不動産屋から家賃未納が24ケ月貯まってるから 払えと請求が来

解決済みの質問:

従兄弟が借りる部屋の保証人になりました。12月10日頃不動産屋から家賃未納が24ケ月貯まってるから
払えと請求が来ました。その間、何の連絡もありませんでした。普通3ケ月くらい未納、遅くとも半年未納であれば
連絡があるのではないかと思います。
あげくに一括で返済しろとの話しをされています。
一括で払えないならいつまでにどのように返済するかファックスし保証人の保証人を立てろと言って来ています。
どのように対応すれば宜しいでしょうか?
連絡が遅くなったので従兄弟の口がうまかったからと言っています。
よろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産取引
専門家:  pote888 返答済み 5 年 前.

保証人は抗弁権のある保証人と抗弁権のない連帯保証人の違いによって対応が異なりますので、契約書を確認してください。

抗弁権のある保証人であれば、「まず、主債務者に請求してくれ」といって断る権利があります。ただし、従兄弟さんが行方不明のときは、この権利はありません。また、検索の抗弁権といって「保証人が主債務者に十分な財産があり、かつ強制執行もかけられることもできる」と証明したときは、債権者は主債務者の財産に強制執行をかけなければなりません。

従兄弟さんの住まいにある動産等を強制執行するように主張することができます。

但し、連帯保証人にはこの催告や検索の抗弁権はないので、債権者からの請求に対して、支払いをしなければなりませんが、大家側は従兄弟さんが24ヶ月分も延滞するまで保証人に連絡をすることを怠っていたわけですから、大家側の怠慢を理由に全額を払えない旨、主張できると考えます。

pote888をはじめその他名の不動産取引カテゴリの専門家が質問受付中

不動産取引 についての関連する質問