JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
office-oneに今すぐ質問する
office-one
office-one, 宅地建物取引主任者
カテゴリ: 不動産取引
満足したユーザー: 21
経験:  建築設計事務所および宅地建物取引業を主宰。
60334013
ここに 不動産取引 に関する質問を入力してください。
office-oneがオンラインで質問受付中

25年前に1800万で買い今年1150万で売りました。ローンの利息400万あり。 今無職で非課税所帯です。所得、住

解決済みの質問:

25年前に1800万で買い今年1150万で売りました。ローンの利息400万あり。
今無職で非課税所帯です。所得、住民税は係るのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産取引
専門家:  office-one 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。

一般論で、個人が、土地建物を売却し、利益(譲渡益)が生じた場合、その利益に対して、所得税と住民税がかかります。

今回のケースは、長期譲渡(土地建物の所有期間5年超)に該当すると思います。

課税所得金額の計算は、譲渡所得-取得費-譲渡費用-特別控除で計算します。

譲渡所得は、当時購入した時の購入価格・仲介手数料・印紙税・不動産取得税等

不明な場合は、譲渡価格(売買金額の5%)で計算します

取得費は、仲介料手数料・印紙税・取り壊し費用等があります。

特別控除は、年数に関係なく3000万円の特別控除

         所有期間10年超の居住用財産を譲渡した場合の軽減税率の特例などがあります。

長期譲渡所得の税金計算は、

課税長期譲渡所得金額×20%(所得税15%・住民税5%)=所得税額および住民税額

となります。手続きについては、譲渡所得がある場合は、税務署に申告し、税金を納めることが必要です。

詳細については、各税務署に相談されるのが賢明かと思います。

office-oneをはじめその他名の不動産取引カテゴリの専門家が質問受付中

不動産取引 についての関連する質問