JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
9circleに今すぐ質問する
9circle
9circle, 二級自動車整備士
カテゴリ: ポルシェ
満足したユーザー: 589
経験:  公共職業訓練後、二級自動車整備士、自動車検査員資格取得、現在認証工場勤務。国内外の自動車修理全般に携わってます。
67477856
ここに ポルシェ に関する質問を入力してください。
9circleがオンラインで質問受付中

質問お願い致します。 地元修理工場にてカイエンエンジンから異音の修理見積もりを取りました。 当初メカニックからは

質問者の質問

質問お願い致します。
地元修理工場にてカイエンエンジンから異音の修理見積もりを取りました。
当初メカニックからはタペット音の為、排気側オイルタペットの交換でほぼ間違いないとの回答を頂き
修理を依頼いたしました。
交換後、音は消えず吸気側も交換しましたがそれでも音は消えずでした。

そこでメカニックからの回答は一箇所が焼きついている為オーバーホールで直るかもと言われました。
ただシリンダーとピストンの交換及び加工が出来るかとパーツが供給されるかは確認中とのことです。

後は 、エンジンブロックに何らかのヒビ、傷が有り油圧がかからない状態の可能性もありそちらも修理
が出来るか確認中との事です。

ここまででこちらはどうすればいいのか、他で修理が可能なのであれば引き上げて他の修理工場に振ってしまった方がいいのか悩んでいます。(地元修理工場も言っている事が曖昧な為)

何かしらの回答を頂けますと非常に助かります。宜しくお願い致します。

車両情報

初年度  平成15年11月

車体番号  WP1ZZZ9PZ4LA44952

形式  GH-9PA00
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ポルシェ
専門家:  9circle 返答済み 5 年 前.
はじめまして。自動車整備士の9circleと申します。

ご質問内容を拝見し、大変お困りのこととお察しいたします。

まず、最初、オイルタペットからの異音という誤診があったことから、エンジン回転に同期した周期的な打音であるとして、私の意見を申し上げます。

オイルタペット不良の際の打音とよく似た異音に、コンロッドメタルの不良がございます。
エンジンピストンとクランクシャフトの接続部にある金属製の部品です。

劣化したエンジンオイルにさらされたり、高温、高回転、高負荷の状態などで、コンロッドメタルが痛みますと(異常磨耗します)、基準を上回る隙間ができ、ピストンからの力を受けてだ音を発するというわけです。

こちらを診断するには、専用の外部接続機器を用いて各シリンダの点火もしくは燃料噴射を強制的に順番に停止させ、シリンダ内燃焼が起こらないように操作します。

燃焼を停止させたシリンダは、ピストンを押し下げる力がほとんどなくなりますので、コンロッドメタルに損傷が生じていても、打音がほとんど消えます。


当方、残念ながらご紹介できる工場がございませんが、少々高額でもピンポイントで故障箇所を特定し、確実に修理できるポルシェセンターが望ましいと感じます。

以上簡単ですがよろしくお願いします。

ポルシェ についての関連する質問