JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.なかむらに今すぐ質問する
Dr.なかむら
Dr.なかむら, 整形外科医
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 755
経験:  国立大学病院勤務経験あり
97224115
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
Dr.なかむらがオンラインで質問受付中

初期の手指の変形性関節症と診断されたのでご相談します。

ユーザー評価:

初期の手指の変形性関節症と診断されたのでご相談します。8月のある朝起床すると突然右手がこわばっていて、左手のように握ることができなくなっていました。
びっくりしてある整形外科へ行ったところ、頚椎に異常があって神経の伝達がうまくいっていないのではないかと言われ首のMRIを撮りましたが、異常はなく、湿布薬を出されただけで終わりました。その後も右手の中指と薬指が動かしづらく、若干痛みもあったので、別の病院の「手の外科」というところへ予約しました。
予約が満杯のため10月まで待って診察を受け、レントゲンを撮った結果、手の「変形性関節症」と一部の指に「腱鞘炎」も起こしていると言われ、その日は中指の付け根にステロイドと麻酔薬を混合したものの注射を受けました。注射の翌日から、今まで痛みを感じていなかった指まで時々ずきずきと痛むようになり、こわばりもより強く感じるようになりました。その2週間後(11月半ば)が再診日で、そのように先生に伝えたところ、おなかの皮下脂肪にステロイドを注射すれば全部の指に効果が行き渡る。ただし、ステロイドは年に3回までしか使えないとのことで、皮下脂肪に注射を受けましたが、あまり劇的によくなってはいません。また、それとは別に、股関節と膝も痛いため、別の整形外科で「仙腸関節」の機能障害を治すという理学療法を受けています。「手の外科」の病院では手以外の整形外科をやっていないためです。仙腸関節の調整は下半身の痛みには効果がありそうなのですが、手指の障害に効果があるか正直半信半疑です。どちらの先生も手を使わないのが一番とおっしゃっていますが、仕事は事務職なので使わないのは無理です。
できるだけ右手ばかり使わないように左手でマウスを使うようにしてきましたが、左手もちょうどマウスを押さえる部分の指に痛みが出てしまいました。
なんとか、現在よりも進行させないようにしたいです。動かしにくい手を無理に動かすせいか、右の上腕全体が筋肉痛になってしまい、湿布を貼りまくっています。質問は下記の通りです。
・膝の変形性関節症に対しては再生医療があるようなのですが、指に再生医療を施すことはできないのでしょうか。
・再生医療は無理だとしても、膝と同じようにヒアルロン酸を注射するなどの措置はできないのでしょうか?
・人工関節は避けたいです。年に3度のステロイド以外に有効な治療法があったら教えてください。よろしくお願いします。

はじめまして。まず少し気になるのは手指の変形性関節症かどうかです。腱鞘炎の症状が最も近いように思いますが、今の症状はどのようなものでしょうか?

質問者: 返答済み 1 月 前.
12394;かむら先生
お世話になります。
今いちばん困っている症状は、右手がまるで硬いゴムになったかのように動かしづらく、完全に開こうとするとかなり力がいります。
大きく開こうとすると、関節がいったん引っかかってから開くような「パコン」という感覚がします。手の微妙なコントロールができなくなってしまい、パソコンは操れるのですが、手書きで文字を書くとひどく汚い文字になってしまう時があります。痛みは指の関節にあります。
特に右手の中指、薬指の第2関節、人差し指、親指の第1関節が時々痛みます。
右手をかばって左手でマウスを操るようにしているので、マウスにあたる左手の親指と人差し指の第1関節もあたると痛みます。診察を受けた医師は、レントゲンを見て、指の関節と関節の間が狭くなっているとおっしゃっていました。
また、関節の腫れも指摘されました。
確かに、右手中指の第2関節は素人目にもふくれています。
以前からここは少し太かったのですが、今見ると、明らかに昨年より腫れている気がします。ただ、おっしゃるように、どの指とどの指が変形性関節症でどの部分が腱鞘炎なのか詳しい説明がありませんでした。
更年期に多い病気で、女性ホルモンによって守られる面もあると言われましたので、この病気のことも考慮してHRTも開始しました。ひと月半先まで予約が入っているような病院なので、診察時間が十分とれないのか、私にとっていちばん気になる部分がきけませんでした。
あまりにコミュニケーションがうまくいかないようでしたら、遠くても別の病院に行くことも考えております。宜しくお願いいたします。

まず今の症状で一番困っているのは『ばね指(ゆび)』と呼ばれる腱鞘炎の症状だと思われます。今の時点で関節症がどうこうというよりはばね指の治療を優先するのがよいでしょう。手術も選択肢の一つとなりえます。最も侵襲の小さい手術なので、経過が良好なことは多いですよ。ステロイドをかなり打っておられるのでこれ以上はあまりお勧めはしません。一度手の外科の先生に診ていただくのがベストです。

下記で手の外科専門医を検索できますので、ご参照ください。

http://www.jssh.or.jp/ippan/senmon/senmoni-meibo.html

質問者: 返答済み 1 月 前.
12394;かむら先生ご返信ありがとうございます。
現在、「手の外科」に通院中です。今通院している病院もこのリストの中にありました。
その先生が十分な説明をしてくれないのと、ステロイド以外の治療法を示してくれないため、転院も考えているところです。先生からご覧になって、大学病院へ行くのと、整形外科単独の病院へ行くのとどちらが適切と思われますでしょうか?昨日返信した後、思い当たったのですが、腱鞘炎になった原因は仕事で重いファイルを扱うためかもしれません。
元々ファイルを扱う仕事なのですが、近年ファイルがぶ厚くなる傾向があり、ますます重くなったので、持ち上げるだけでも苦痛を感じておりましたので、おそらくそれだと思います。
もしそうなら、労災扱いにしてもらってもよいくらいだと思います。しかし、今の仕事では必ずファイルを扱うので、手術までしても、再発になってしまうかもしれません。
今、職場にどう切り出すか迷っています。
仕事のせいでこうなったのなら、私病として扱われたくないです。
以前にも私病で休職したことがあり、これ以上私病で休職すると、査定に響くからです。

大学病院では腱鞘炎の治療はすぐに対応いただけないので、単独の病院でよいと思います。

よい先生に巡り合うとよいですね。労災扱いなることは大変難しいかもしれません。手をよく使う仕事が原因とは言われていますがはっきりとした因果関係は示すことが難しいからです。適切な手術で症状は良くなると思います。

Dr.なかむらをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
12362;世話になります。腱鞘炎の方が深刻な状況であることを気づかせてくださり、ありがとうございました。
労災になるかどうかは別として、重いファイルを扱う担当からははずしてもらいます。
今週中に病院に行ってきます。

整形外科 についての関連する質問