JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yyamamotoに今すぐ質問する
dr-yyamamoto
dr-yyamamoto, 整形外科医
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 389
経験:  勤務医
99857541
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
dr-yyamamotoがオンラインで質問受付中

50代女性で手を使う(ラボテクニシャンで毎日手指に負荷の掛かる)仕事をしています。

解決済みの質問:

50代女性で手を使う(ラボテクニシャンで毎日手指に負荷の掛かる)仕事をしています。
今年3月に右手の痺れで夜中に目が覚め、病院を受診したところ手根管症候群と診断されました。
これまでに4回ステロイド注射をしてきましたが、注射して1〜2ヶ月は痺れが治まりますが、仕事柄
どうしても日々指先を使う仕事なのでその後は痺れが再発します。手術をしようか迷っています。またこの手術をして治るものなのか不安です。神経を圧迫している靭帯を切ることは根治に繋がるのでしょうか?手根管内で起きている炎症は治るものでしょうか?靭帯を切開することで手に影響はないのでしょうか?術後もこれまでと同様の仕事や家事がこなせるのでしょうか?こんな私の悩みにお答えください。宜しくお願い致します。あめ
投稿: 28 日 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  dr-yyamamoto 返答済み 28 日 前.

質問ありがとうございます。

手根管症候群の根本的治療は手術になりますので、手術をすることは当然根治に繋がります。

病状が進行し、母指球の筋肉の委縮が起こってしまってからではこの手術のみでは母子機能の回復が期待できない事が多いのですが、今の段階でしたらすべての症状の改善が見込めると思われます。

当然、稀ではありますが手術には術中の神経損傷など重篤な合併症の報告もあるため、全例で根治が望めるかといわれると断言はできませんが、十分な経験を有する手外科専門医がいる施設での手術を行うことで成功率を高められると思います。

専門家:  dr-yyamamoto 返答済み 28 日 前.

下記で手外科専門医が探せます。

http://www.jssh.or.jp/ippan/senmon/senmoni-meibo.html

質問者: 返答済み 27 日 前.
12372;回答いただきましてありがとうございました。
さらにお伺いしたいのですが、
手術後はこれまでと同様に手を使う仕事に復帰しても大丈夫でしょうか?
もちろん、数週間は安静にしていなければならないと思いますが、その後痛みや痺れが無くなったら
ピペッティングなど手指を使う動作を継続しても大丈夫ですか?
また再発する可能性はありますか?
仕事が出来るか否かは重要なことなので心配です。
ご回答のほど、宜しくお願い致します。
専門家:  dr-yyamamoto 返答済み 27 日 前.

返信ありがとうございます。

術後に手指を使う動作をすることは問題ありません。

お仕事に支障はないと思います。

術後に再発するこは基本的にありません。

ただ、このあたりは直接しっかり主治医に伝えて回答を得ておかれた方がいいです。

dr-yyamamotoをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 27 日 前.
36805;速なご回答ありがとうございました。
お陰様で手術への不安が解消されました。
現在の症状を改善させるために手術をしようと思います。

整形外科 についての関連する質問