JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 476
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

78歳です。3年程前より左足首が痛くなり、荻窪病院の足専門の整形外科のDr.早稲田を紹介され、診察を受けた結果、「足首の

質問者の質問

78歳です。3年程前より左足首が痛くなり、荻窪病院の足専門の整形外科のDr.早稲田を紹介され、診察を受けた結果、「足首の軟骨がなくなっており、骨と骨が当たって痛いのであろう。歩けますか?(私:歩けます)
現代医学でもっても足首関節の研究は、膝、股関節と異なり進んでおらず、治すことが出来ません。私の所
にこれ以上来てもどうしようもありませんのでもう来なくていいです。歩けないほど痛くなったら来なさい。その時は、ボルトで固定しましょう」。ということで、自分で義足作成会社を見つけ、ギブスを作ってもらい、これを使用して何とか趣味のゴルフが年50回も出来ています。しかし、最近急に痛みが増し、日常生活でもゆっくり、びっこを引きながら歩いています。ゴルフはまだだましだまし出来ています。しかし、そのうち出来なくなるのではないかと心配です。それよりも、歩けなくなってしまう方が大問題です。どんな方法でもいいですから、我慢できる痛みの範囲内で(ボルトで固定することでなく)、手術又は治療ができませんでしょうか。
尚、軟骨が消滅した原因は、多分大学時代競技用のスキー練習の(20歳)回転でポールにスキーを引っかけ、大捻挫し、医者に行かず自然のままで治し、じん帯が完全にゆるんだまま今日までまできて、その古傷が
後遺症として出てきたものと推測します。
投稿: 4 ヶ月 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  Dr-K 返答済み 4 ヶ月 前.

総合診療医のKKと申します。

変形性足関節症と患われているのだと推測します。

http://www.hitsujigaoka.com/knee/ankle_joint/

➀「どんな方法でもいいですから、我慢できる痛みの範囲内で(ボルトで固定することでなく)、手術又は治療ができませんでしょうか」とのご相談・ご質問ですが、「そういう治療はできません」という回答でも、それが医学的に正しければプラス評価をいただけるのでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

専門家:  Dr-K 返答済み 4 ヶ月 前.

質問の仕方を変えましょう。

②「荻窪病院の足専門の整形外科のDr.早稲田」では、「人工足関節置換術」の話は出ませんでしたか?

http://www.kansetsu-itai.com/about/foot/artificial/art001.php(←クリックして下さい)

http://www.kansetsu-itai.com/about/foot/artificial/art002.php

http://www.kansetsu-itai.com/about/foot/artificial/art003.php

整形外科 についての関連する質問