JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 476
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

妻が依然、腰のレントゲン撮影ですべり症と診断され、すべり症は治らないと言われました。その後、治療もなく過ごしてましたが、

質問者の質問

妻が依然、腰のレントゲン撮影ですべり症と診断され、すべり症は治らないと言われました。その後、治療もなく過ごしてましたが、数か月前から痛みが増して歩行も前傾姿勢で二本の杖で支えてやっと
家の中で時間をかけて歩いている状態です。本人は苦しみの毎日で、何とかできないかと悩んでおります。手術となると精神的にも弱く耐えられないと思いますが、何か方法はないでしょうか?57歳女です。
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  Dr-K 返答済み 11 ヶ月 前.

総合診療医のKKと申します。整形外科疾患も診療しています。

妻が依然、というのは、妻が以前、の誤変換ですね? 診断されたのはいつのことですか?

すべり症は治らない、ということは必ずしもないのですが、分離すべり症なのでしょうか。コルセットも勧められませんでしたか?

受診されたのはもしや、個人開業医、町医者なのでは?

手術となると精神的にも弱く耐えられない、とはどういう意味ですか?

整形外科 についての関連する質問