JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 476
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

右ひざがいたく時々水が溜まります。 早く治したいのですがご診断をお願いいたします。

質問者の質問

右ひざがいたく時々水が溜まります。
早く治したいのですがご診断をお願いいたします。
投稿: 8 ヶ月 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 8 ヶ月 前.

【情報リクエスト】

こんにちは。猫山と申します。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、相談者様のご年齢の女性が膝の痛みを訴えられた場合、原因疾患としてもっとも可能性が高いのは「変形性膝関節症」です。

①相談者様の膝の症状は、以下のサイトで紹介されている変形性膝関節症の症状に合致するでしょうか?

1. http://www.richbone.com/kansetsu/ill/ill.htm

2. https://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/knee_osteoarthritis.html

↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 8 ヶ月 前.
33181;関節症ではなくて、膝軟骨の減少のようです。と医師から言われましたが、現在痛くて困っています。
痛みを和らげる薬?(イルソグラジン マレイン酸塩)を医師から処方され、飲んでいます。
以上よろしくお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 8 ヶ月 前.

ご返信ありがとうございます。

膝の軟骨の減少・すり減り=変形性膝関節症です。

変形性膝関節症とは、加齢に伴い膝関節が軟骨がすり減って膝関節に炎症が生じ、関節が変形をきたして疼痛が生じる病気なのです。

鎮痛剤は炎症を鎮めるだけの対症療法ですので、それによってすり減った軟骨が元に戻るわけではありません。
膝関節は体重がかかる「荷重関節」ですので、変形は日常生活の中で進行していきます。

減少した軟骨を元に戻す治療法はありません。

つまり、相談者様の膝は残念ながら、治療が不要になるという意味では治りません。

②主治医からは、そのような説明は受けられていないでしょうか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。

整形外科 についての関連する質問