JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 4088
経験:  医師、医学博士1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

膝の痛みです。 58歳女性。 ニューカレドニアに住んでいます。

解決済みの質問:

膝の痛みです。
58歳女性。
ニューカレドニアに住んでいます。
2014年9月に家族を介護していて力を入れた時、右膝が本当にブチッと音がして、それから膝の内側がものすごく痛みました。その時は、交通事故にあった家族を看るのが私しかいなかったので、サポーターして、その後一か月毎日頑張り続けました。
介護をしなくてよくなって、膝の痛みも徐々に和らいていたので、病院にも行かないでいました。
しかし、今年に入り、正座をよくするせいか、痛みが前より激しくなり、正座ができなくなりました。
今年6月に日本の整形外科を受診した時、レントゲンを撮ったのですが、半月版に傷があるのかもしれないですね。ということでした。
テニスのような膝を斜めにしたりして力を入れるのはダメ。
横座りしないで真っすぐに座る正座ならできるはず。正座から立つときもまっすぐ。と言われました。一時帰国なので自費の為か、「薬はいらないよね?」ということで何もありませんでした。
日本の家族からロキソニン湿布などもらえるのでそれは問題なく自宅にもどりました。
正座もしない、斜めすわりもしない、膝に負担がかかることをしない。
守っているのに階段を下りるのがしんどくなりました。
痛いので普通に降りられません。
ずっと椅子に座っていて歩きはじめる時もびっこをひいてしまいます。
少しの下りが怖いです。
太ももに筋肉をつけないと余計悪いというので日本の整形外科の先生のコラムで知った体操を毎日しています。仰向けに寝て片足曲げて片方を5秒あげて3秒下ろすというものです。
そして坂を下るのは良くないと思うので、平坦な道を一日おきに30分歩いています。
曲げないのも良くないのでお風呂で温まる時に正座しています。
こちらの整形外科は、骨が折れていたのに整体に行けと言ったし(あとで折れていたのが判明)靭帯の手術を失敗して再手術の人もいたし、あまり信用していないのです。
老人性の膝関節症は、靭帯を痛めたひとはなりやすいと聞きました。
普通の歩行が困難になってきたら手術、とも聞きました。
手術が嫌なわけではありません。
私の症状が、靭帯なのか、半月板なのか
そして手術するほどなのか、それほどでもないのか知りたいのです。
もちろんメールだけでは判断できるはずありませんので
下記の4点を教えてください。
①レントゲンだけでなくMRIなど撮らないと正確なことがわからないでしょうか
②次に日本へ行くのは来年7月です
それまでにこちらの病院でMRIまで撮れるなら撮ったほうがいいですか
(日本では、その写真を持っていっても、また撮ると思うのですが、そうするとMRIの予約まで  普通は2週間かかるので、一時帰国の滞在を延ばさないといけないのです。)
③手術の場合、入院して飛行機に乗って帰れるようになるまでのリハビリはどのくらい日数がかかりますか
④これ以上悪くしないためになにかやるべきことはありますか
いそぎませんのでよろしくお願いいたします
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.

①MRIでないとわかりません。②こちらの病院でMRIまで撮れるなら撮ったほうがいいと思います。③手術から1ヶ月ほどで日常生活はできるようになると思います。④その医師の助言のようにしてください。現在の運動を続けてください。

Dr_GATOをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問