JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14343
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

お世話になります。

質問者の質問

お世話になります。
65歳男性です。症状はソファー、椅子から立ち上がる時に左膝内側に痛みが出る事です。時に土踏まずから太ももの内側にかけて違和感が出ます。症状は約1か月前頃より出るようになりました。
膝を深く曲げた状態からの立ち上がり程きつく、足を伸ばし意識して力を入れた時も同様です。
歩き始めると暫くは痛みは残りますが、その後は有りません。
私は、週2~3回8キロ~10キロ/回ジムやロードでランニングをやっており、年2回フルマラソンに参加しております。ランニング前後はそれなりにストレッチを行っているつもりです。
よろしくお願い致します。
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 11 ヶ月 前.

おはようございます。猫山と申します。

各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、失礼ながらご年齢的に、また痛みの部位から、もっとも可能性が高いと思われるのは「変形性膝関節症」です。

加齢に伴い膝関節が軟骨がすり減って膝関節に炎症が生じ、関節が変形をきたして疼痛が生じる病気です。
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-130.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

ただ、歩行時痛がありませんから、次に考えられるのは、スポーツをされていることもあって、半月板損傷です。

http://matome.naver.jp/odai/2142521829039180001

腰椎のトラブルの可能性も考えられます。

感覚障害が生じている場所から逆引きしますと、 第3腰髄神経(L3)~第1仙髄髄神経(S1)に圧迫が及ぶような何らかの腰椎のトラブル(例:椎間板ヘルニア)が想定されます。

http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223624414.jpg

http://blog-imgs-82.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/dermatome_lumber.jpg

「ソファー、椅子から立ち上がる時に左膝内側に痛みが出る」「歩き始めると暫くは痛みは残りますが、その後は」消失するという所見は、腰椎による神経根の圧迫を示唆する状況証拠と言えます。
日常生活の中では体位によって腰椎や椎間板にかかる圧が異なり、立位より座位でより高い圧(約1.5倍)が加わり、神経根の圧迫も増すからです。

いずれにせよ、治療は診断ありきで決まるものです。

正確な診断を受けるためには、MRI検査を行える規模の整形外科医療機関を受診される必要があります。

以上、ご参考になれば幸いです。

整形外科 についての関連する質問