JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
獅心に今すぐ質問する
獅心
獅心, 整形外科専門医
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 475
経験:  国立医学部卒業 医学博士 米国留学中
90274216
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
獅心がオンラインで質問受付中

当方58歳男性。左手のひら薬指下側にデュピュイトラン拘縮の初期症状のようなこぶが3個ほどある。自発痛はないが手のひらを広

解決済みの質問:

当方58歳男性。左手のひら薬指下側にデュピュイトラン拘縮の初期症状のようなこぶが3個ほどある。自発痛はないが手のひらを広げる(指をそらせる)・雑巾を絞るなどの時に痛みあり。いろいろ調べたが後期の「拘縮」改善のための処置しか分からない。現時点からの進行を防ぐような方法はないものだろうか?この症状(手のひらのこぶ)に関して3年ほど前に整形外科医に受診済み、病名ははっきりと聞いた覚えはない(腱鞘がはれているとかどうとかとい程度の説明のみ)。
投稿: 10 ヶ月 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  獅心 返答済み 10 ヶ月 前.

こんにちは獅心と申します

質問させて下さい

その手のせいでお仕事にいま支障がありますか?

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
29694;在無職。軽作業の時に若干難あり(左手で物をつかむ、抑えるとか)。ある意味緊急性はないが、拘縮までいくような病気ならばそれをできるだけ防ぎたい。外科的(あるいはデコラーゲン注射?)などの処置判断は「手のひらが下につかなくなってから」という、最終的に左手が使えなくなってからのようにも聞くが、さすがに左手が完全に使えなくなってからというのは困る。
質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
12383;った今調べて気が付いたのですが、拘縮索(こうしゅくさく)とはどのように違うのですか?
(添付は現在の状態、赤丸部分が腫れた出っ張り)
専門家:  獅心 返答済み 10 ヶ月 前.

ザイヤフレックスの適応としては総合的に判断することになっており明らかにこうさくしゅであると診断がすれば今の状態でも使用できます

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
36914;行予防的な方法はないでしょうか?画像をお送りしましたが、外科処置やザイヤフレックス注入までに至る段階ではまだないと思ってます。
専門家:  獅心 返答済み 10 ヶ月 前.

根本的に改善する方法はまだ見つかってはいません。

ただし毎日のストレッチを行えば進行予防にはなります。

以上ですが問題は解決しましたか?

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
20102;解しました。まずはストレッチ方法を調べてみます。あとは主治医とそのうちに相談してみます。ありがとうございました。閉めます。
専門家:  獅心 返答済み 10 ヶ月 前.

問題解決のお手伝いが出来てよかったです

お手数ですが今回の質問に対しての回答につきまして回答の下にある星の評価をお願いします

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
36820;答おそくなり失礼しました。整形外科に診察に行く予定でそのあと返信しようと思っていたのですがまだ診察には行っていません。
追加の質問になりますが、1)「デュピュイトラン拘縮」以外の可能性のある病気はないでしょうか?2)(「デュピュイトラン拘縮」であるとして実行するにあたり)効果的なストレッチ方法をお教えください。
以上よろしくお願いいたします。
専門家:  獅心 返答済み 10 ヶ月 前.

デュピュイトラン以外で指の動きに影響するものとしては、ガングリオン、ばね指、腱鞘炎です。

ガングリオンは同時に多発することは珍しいですし、通常手の背側にできます。

ばね指はA1プーリーと呼ばれる、指の付け根の部分が原因となります。よって、指の付け根以外の場所でコウサクしゅがあるとするならば、ばね指ではないとおもわれます。

腱鞘炎では、指のうごかしづらさはでますが、こうさくしゅはありません。

よって、手の平のコウサクシュがあきらかである場合には、デュピュイトランとしてほぼ間違いがありません。

ストレッチとしては、ゆびをテーブルに押し付けて軽く痛みがでたところからさらに押し付けてのばす方法が効果的です。

痛みのない程度にストレッチしていてもなにも意味がありません。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
29694;状は結節があり腫れがあるがそれが拘縮索なのかどうかであります。拘縮は当然まだありませんし手のひらはテーブル上で完全につきます。
それゆえ「デュピュイトラン拘縮」の初期段階であると仮定してのストレッチなのですが、結節周囲を揉む程度しか思い当たらず、またそれが大丈夫なものかどうか不明な点であります。以前に足の裏の似たような位置にしこりができて、押すと痛い程度のものがあったのですが数年(4~5年?)で消滅しました。コラーゲン沈着がこのようなものなのか、そしてそれを拡大させない方法は何かないかと思っています。施術の段階からはまだかなり遠いと思っております。
質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
36861;伸:
イメージとしては腱鞘炎予防のストレッチ方法のようなものを期待しております。(YouTubeでティンパニ奏者のストレッチ紹介を見たことがあります)
専門家:  獅心 返答済み 10 ヶ月 前.

前述のテーブルにゆび全体を押し付ける方法や、自分で指を伸ばしながら反対の手で手の甲側に押し付ける方法が手軽でいいと思います。

獅心をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問