JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
獅心に今すぐ質問する
獅心
獅心, 整形外科専門医
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 536
経験:  国立医学部卒業 医学博士 米国留学中
90274216
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
獅心がオンラインで質問受付中

獅心 先生にご回答をお願い致します。 先般、娘の整形外科症状に関する質問をさせて頂き、獅心

解決済みの質問:

獅心 先生にご回答をお願い致します。
先般、娘の整形外科症状に関する質問をさせて頂き、獅心 先生より「満足」のご回答を戴きました。
今回新たな状況になりましたので、新たな質問を致します。
前回と引き続く上での新たな質問ですので、獅心 先生にご回答をお願い致します。獅心 先生殿
先般は大変ありがとうございました、新たな状況になりましたのでご質問をさせて頂きます。
今回のご質問は新たな状況での質問になりますので、先般とは別料金をお支払いさせて頂きたいと考えています。
(ご質問)
現在掛かっている「足の診療所」の主治医殿より、
①「足根洞症候群」と判断されます、との診断でした。
この「足根洞症候群」の診断が正しいとすれば、ご専門の先生から診てどういう治療法がよいのでしょうか。
②治療を続ければ通常歩行ができるようになるでしょうか(尚、現在も杖をついて歩行しています)
また、完治はするのでしょうか。
③通常歩行ができるようになるとすれば、平均的にどの程度の期間を要するでしょうか。
④少しでも早く通常歩行ができるようになるために、自分自身でできるリハビリの方法はあるでしょうか
(例えば、「タオルでの筋力補強とか」、「冷やす」とかです)何卒よろしくお願い申し上げます。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  獅心 返答済み 1 年 前.

こんにちは

質問ありがとうございます。

回答をさせていただく前に

先日インソールを作成したと書かれていましたが

使用してみていかがだったでしょうか?

また、現在通院中の病院での治療方針はどうなりましたか?

注射などされましたか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
29509;心 先生殿上記の件につきましてご報告いたします。
・インソールは7月19日から通勤時に装着しています(通勤は往復で3時間半程です)・・それまで作製期間や土日があったためです。
 インソールを装着すると硬い固定になるのため、歩行時の安定感はあります・・効果はまだ明確でありません。・注射は7月1日にレントゲン写真を参考に足根洞部へ直接の注射をしました。
それまでの痛み(時に激痛もありました)や腫れが、注射後10日後位からやわらぎました。
 ・・・現在も足首の不安定感や、まだ治っていないと感じています。・現在の主治医殿は、足根洞部への注射が効いたと判断し「足根洞症候群」と診断したとみられます。・現在の主治医殿の治療方針は、インソール装着を継続し効果の様子を診るとのことです。 よろしくお願いもうしあげます。
質問者: 返答済み 1 年 前.
23578; 「足根洞症候群」の要因は、幼稚園時での捻挫または5年前起こした捻挫が充分完治してない
状態に無理が重なり、そのために発症したのではないかとの要因を有力視しているとのことです。以上追加でご報告致します、よろしくお願い申し上げます。
専門家:  獅心 返答済み 1 年 前.

返信ありがとうございます。

足根洞症候群は様々の原因からなる症状の総合した病名であります。

よって、その原因となる疾患を治さない限りは足根洞そのものは治りにくいのがいままでの経験です。

ですが、足根洞に注射して効果があること自体は非常によいことだと考えられます。

①その原因は捻挫にゆらいしているとの診断されたとのことですが、足関節の弛緩性があったのかもしれません。足関節周囲の靱帯が捻挫によって損傷し、それが完全に治癒しないままだとゆるくなるのです。そうすると足関節の安定性を保つためにその周囲の筋肉たちが頑張らねばならず、様々な痛みが出現します。また、安定性が弱いので関節軟骨にも影響がでます。これが変形性足関節症につながります。よって、インソールとともに、足関節のサポーターを併用することでさらに歩行時の痛みが軽減する可能性はあると思います。さらに、お近くの整形外科で理学療法士によるリハビリテーションに通院が必要と考えます。

②治療そのものを続けて必ず治るかは不明ですが、やっただけ症状が軽くなることは多いと考えます。ただし、すぐには回復は無理ですので、現在の痛みに関しては薬を効果がでるところまで増量するか、自分にあった薬を探すしかないと考えます。

③治癒にかかる時間も様々でありますが、通常リハビリテーションを開始してから6ヶ月は様子をみます。その後、再度レントゲン、MRIにて病変部を再評価して、それに対する治療を行っていくのが通常だと思います。

④まずは、理学療法士から自宅でのトレーニングを教えてもらってください。自宅での様々な環境に合わせたリハビリを教えてくれると思います。代表的なのは、階段でのつま先立ち、ゴムバンドをつかった足関節周囲の筋力強化、バランスボールをつかった全体的なバランス維持力の強化、ビー玉をつかむ、タオルを足の裏でつかむなどです。

以上ですが、問題は解決しましたでしょうか?

獅心をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
29509;心 先生殿情報の少ない中、ご誠意あるご回答を賜り誠にありがとうございます。
先生のご回答大変参考になり、娘、家内ともども大変感謝しております。前のご回答でも「変形性足関節症」の可能性があり、病院専門科での診察、検査が望ましいこと
承知しております。
ただ、娘としてはインソールを装着し始めてから1週間であり、もう少し状態を診た上で次の段階への対応をしたい
と考えています。
また、先生にご相談させて頂くこともあると存じていますので、その節は何卒よろしくお願い申し上げます。誠にありがとうございました。敬具

整形外科 についての関連する質問