JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
獅心に今すぐ質問する
獅心
獅心, 整形外科専門医
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 476
経験:  国立医学部卒業 医学博士 米国留学中
90274216
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
獅心がオンラインで質問受付中

先週 左足下肢 前頚骨筋 付近にできました、高分化型脂肪肉腫を切除手術しました、。 アシスタント:

解決済みの質問:

先週 左足下肢 前頚骨筋 付近にできました、高分化型脂肪肉腫を切除手術しました、。
アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?
質問者: その際に前頚骨筋をかなり切除しまして、現在 足先があがりません。今後どのようなリハビリをすべきか或いは治療をすべきか早急に教えてください。
アシスタント: かしこまりました。最後に、サイトでは専門家と個別に一対一でやり取りをしていただけます。次のページでお支払い方法をご入力いただきましたら専門家におつなぎいたします。こちらにご入力の内容は確実に専門家に連絡をさせていただいておりますので、もう一度専門家にご説明をいただく必要はございません。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 整形外科
質問者: 返答済み 1 年 前.
12393;うにか三ヵ月後くらいを目処に、通常の歩行とゴルフなどの軽い運動の復帰を目指したいのですが?
専門家:  獅心 返答済み 1 年 前.

こんにちは獅心と申します

質問させて下さい

切除したのは前脛骨筋だけですか?

腫瘍の浸潤範囲は筋肉内だけですか?

現在痺れはあります?

質問者: 返答済み 1 年 前.
12356;ま 聞いているのは脂肪の切除以外には、前脛骨筋だけ解きいてます。骨への転移はありません。但し、大きな静脈を一本切除していると聞きました。また 脂肪肉腫の部分が非常に大きく、写真を添付します。現在、座っていると下肢の部分に酷い鈍痛と痺れがあります。長時間は座りにくいです。
専門家:  獅心 返答済み 1 年 前.

返信ありがとうございます。

足首が自分の方に上がらない、背屈できないのは前脛骨筋を切除してしまい、機能していないからです。

現在術後1週間ですので、まずは傷をちゃんと治すのが一番大事となります。

傷が感染すると歩く話ができなくなります。

現在入院中だと思いますが、リハビリテーションの先生がいると思います。

その先生とよく話しながらいろいろじっくりとやっていくのが大事となります。

いまは、足趾の運動のみを頑張る時期です。

傷が回復してきたら、立つ練習が始まると思います。背屈する筋力は長期間の目標になりますので、歩こうとするとこの時点では足がだらんとさがって、歩くといろんな場所にひっかかり転倒しやすい状態です。これを防ぐには装具が必要となります。足をだらんとさせないような硬い足の装具です。

これを付けながら、歩く訓練、足を背屈することができるそのほかの筋肉を何とか鍛えることとなります。

切除範囲が正確にはわかりませんが、ほぼ筋肉をとったとすると手術前の背屈する筋力にもどることは難しいと考えます。つまり、しっかりと歩くなどは装具がないと難しい状態は3か月から半年は続くと考えられます。

退院して、通院リハビリをしながら様子をみますが、6か月程度やってみて背屈が戻らない場合には、足の後ろの筋肉及び、腱を前方に持ってくる手術をする可能性がありますが、これは、腫瘍の再発がない場合に限ります。また、手術をしても最初の手術前のような筋力に戻る保障はありません。

しかし、装具をしながらなら、軽い運動や、ゴルフは可能だと考えますので、継続的なリハビリテーションは必要なことは変わりません。

以上ですが問題は解決しましたでしょうか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
25163;術7日後となりました一昨日退院をしております。抜糸は来週の火曜日の予定です。歩行は杖をなしに出来ますが、正直足の先が上がるような歩行は出来てません。感染症も医師は心配しており、傷口やドレインを外した穴に対する抗生物質の塗り薬を頂いてます。足がだらんと下がるので太ももを上げての歩行をしております。おしゃるように継続的なリハビリですが、このリハビリの内容を伺いたかったのです。又、筋肉や腱の移植で、
足先が上がる可能性があるのでしょうか?
専門家:  獅心 返答済み 1 年 前.

ご質問ありがとうございます。

退院しておられたのですね。

どこか外来リハビリテーションできるところに紹介状を書いてはもらってないのでしょうか?

ご質問者様単独でのリハビリテーションは、効果をえるため、ちゃんとした方法をチェックしてもらうためにもあまり勧められません。

参考にリハビリテーションの内容をお伝えします。

①ゴムベルトをつかいます。すわって、足裏にゴムベルトを回して自分の方に引っ張ります。おそらく自分では背屈できないでしょうが、意識して背屈するように力をいれます。それにあわせてゴムベルトを引っ張ります。こうすることで背屈可動域を保ちながら、筋力訓練できます。

②踏み台を使います。手を手すり、壁などにつきながら、踏み台に上がり下がりします。ゆっくりと気を付けてやらないと踏み台にひっかかります。

③どこかにつかまりお尻を突き出しながら、足を背屈させるように力をいれます。

各項目を20回1セットを3セット繰り返すのがお勧めです。

腱移植はもともと麻痺などで背屈できない患者さんに対する手術です。背屈は可能となりますが、これも術後のリハビリテーションをどれだけ頑張るかによって結果が違います。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;教示頂きありがとうございました
専門家:  獅心 返答済み 1 年 前.

問題解決のお手伝いができてよかったです。

お手数ですが今回の質問に対する回答につきまして評価ボタンによるご評価をお願い申し上げます。

獅心をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問