JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
獅心に今すぐ質問する
獅心
獅心, 整形外科専門医
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 476
経験:  国立医学部卒業 医学博士 米国留学中
90274216
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
獅心がオンラインで質問受付中

3/19に左足首を足首脱臼骨折をして、足首の骨2本と踝を掛ける3か所の骨折で、3/24に足首脱臼骨折整復内固定手術を受け

解決済みの質問:

3/19に左足首を足首脱臼骨折をして、足首の骨2本と踝を掛ける3か所の骨折で、3/24に足首脱臼骨折整復内固定手術を受けました。
で、質問ですが、その時、プレートとボルトが左足に入っているます。手術をした医師からは、年齢が56歳ということが影響してかボルトや
プレートは、そのまま入ったままで、プレート等を外す手術はしないと言われています。
1)プレートやボルトは入れたままで問題ないのでしょうか?特に海外出張等が多いので、空港でのX線のチェックゲートでアラームが鳴ったり
MRI検査ができなくなるのではと心配しています。
主治医に聞いたのですが、たぶん空港ではならないと言われましたが、良く知らない雰囲気での回答でした。
専門家の回答を教えて下さい。
2)現在片松葉での歩行状態で、短い距離で平地であれば松葉杖無しで、歩行できる状態になりつつあります。
ただ、長く立って話を聞く等の状況だと、足が痛くなり松葉杖や、椅子に座り休む必要があります。
現在週1回リハビリを受けていますが、階段の上り下りができるまでにあとどれ位掛かるものでしょうか?
人によって異なることは知っていますが、あとどれ位掛かるか目標を知りたいので、目途を教えて下さい。
3)上記1)2)の状況ですが、足首の可動域を広げるために良い、筋力アップやストレッチの方法を教えて
下さい。
4)なお、持病の糖尿病があり手術前はA1Cは5.8で、内服薬のみでコントロールできていましたが、手術後の
傷が塞がらず、6月4日頃まで屑口から液がでていましたがやっと傷口がすべて塞がりました。
これも、今後の回復に影響しますか?以上4点につき教えて頂きたく。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  獅心 返答済み 1 年 前.

こんにちは獅心と申します

質問させて下さい

傷は何個ありますか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
12399;い、左足の内側と外側に手術跡の傷があります。
宜しくお願いします。
専門家:  獅心 返答済み 1 年 前.

返信ありがとうございます。

①基本的にならないと思いますが、機械が精密だとなることもあります。

その時は足を指さしてbolt and plate because of bone brokenていえば納得してもらえます。

②手術後の骨の付き具合により変化します。基本的には術後3か月の時点で全荷重といって、松葉なしで歩行できるようになるのが

通常ですので、現在の治り具合には問題ないと考えます。あとは、手術の傷の問題もありますので、ゆっくりと練習して落ちた筋肉を元に戻す必要があります。階段は現時点でもできると思いますが、まずは練習が必要です。できればリハビリにもう少し頻度多く通われて、そこで練習するのが一番です。

③筋力アップはゴムベルトをつかって、足にかけて上下に力をいれるのが一番効果的です。関節可動域には、タオルを足にかけて体側に引っ張るや、下肢を伸ばしながら足関節を背屈させる方法が一般的です。リハビリの先生に聞くのが一番だと思います。

④骨折そのものに影響するレベルの感染症があった場合には、非常に問題ですが、現在は傷が治っていればとくに支障はないと考えます。

以上ですが、問題は解決しましたでしょうか?

他にご質問はありますか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
24230;々すみません。
私の年齢が関係するのか、仕事が普通のサラリーマンだからなのか、左足に入れたプレートやボルトは、取り外さないで
良いものなのでしょうか?
主治医は、最初の質問に書いたように、プレートやボルトを取り外す手術は必要無いと言われています。
手術する場合は、また入院と松葉杖が待っていると思うので、手術しないで問題ないのなら嬉しいのですが、プレート等を外さない場合の
リスクは何かありますでしょうか。
例えば、左足首の可動域が制限されるとか、可能性としてあるのでしょうか?現状のままリハビリを続ければ、通常の生活程度、具体的には
ハイキングで、丘の上り下り等ができるようになると思ってよいでしょうか?
お手数ですが、再度の回答をお願いします。
専門家:  獅心 返答済み 1 年 前.

ご質問ありがとうございます

プレートを外さない理由は外す手術を受けた場合の傷の治りにくさ、感染の危険性、入院の必要なことが考慮されての結果です

外さなくても外しても基本は問題は起こりません。

強いてあげるなら、年齢が進んで皮下脂肪が痩せた時にプレートが目立つぐらいでしょうか?

ハイキングには行けますので頑張ってリハビリして下さい

獅心をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問