JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

65歳女性です。1か月ほど前から腰が(左外側股関節)痛くなり最近は左膝痛がひどくなり、近医(総合医)にて注射していた

解決済みの質問:

65歳女性です。1か月ほど前から腰が(左外側股関節)痛くなり最近は左膝痛がひどくなり、近医(総合医)にて注射していただき水を抜いていただいたりしましたが歩行時引きずるようになってしまいました。痛みで正座もできません。このまま膝が固まってしまうのではないかと心配です。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
【情報リクエスト】こんにちは。猫山と申します。 ①受診された「近医」は整形外科医ではないのでしょうか。どれくらいの設備と規模の医療機関でしょうか。 ②整形外科、もしくは近医での診断名を教えて下さい。 ③今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか? 私どもはどのように相談者様のお役に立てるでしょう。 まず以上、確認させていただけますと幸いです。※回答は夜明け以降になるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
パソコンに慣れず遅くなりました。
3/28 整形外科に股関節痛(左外側)左膝痛で受診しX線撮りました。電気かけました。特に異常はないと言われペレトン、チザンジン、レバシビト、モーラステープ40㎎2週間処方され帰宅。薬飲むも痛み改善せず。モーラステープを貼ると血管が醜く出てしまい貼るのをやめました。整形外科専門医ですが詳しい説明もなく「異常はない」と言われただけなので1回行っただけです。
4/21鼻炎の薬頂くために近医(内科外科総合個人医、総合病院では救急医として活躍されていたDrです)に受診しスベニール関節注を注射していただきました。少し改善しました。夜中に痛みで起きることなどは無くなりましたが正座や歩行時に左膝が痛くまた膝の後ろ側が伸びないような感じがあります。左足だけ短くなった?感じがします。犬の散歩時辛いです。知人に整体(骨盤矯正)とか整骨院など進められますが行かないほうが良いのでしょうか?仕事は訪問介護の仕事をしております。利用者様の前では我慢していますが普通にビッコひかずに歩きたいです、、、よろしくお願いします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 相談者様が受診された整形外科医を個人的に攻撃する意図はありませんが、多くの整形外科個人開業医は整形「内」科医であり、「湿布を処方できる放射線技師」の域を出ない場合が少なくありません。「温熱療法、電気療法、牽引療法」の3つのどれかが出てきたら「ヤ○」のフラグが立っていると考えられてよいでしょう。http://seikeigekai.org/tag/頚椎牽引 診断も継げない医師を受診する意義はそもそも無いでしょう。 私見としては、背骨、肩、手、股関節、膝関節、足といった領域の整形外科的問題に関して、専門性が無い個人開業医を受診することは、そのために要する時間とお金に見合わないことが大多数だと思います。 診断不明とのことですので、相談者様は、確率的にもっとも高いと考えられる、「変形性膝関節症」を患われているという前提で以下回答させていただきます。 変形性膝関節症は、加齢に伴い膝関節が軟骨がすり減って膝関節に炎症が生じ、関節が変形をきたして疼痛が生じる病気です。http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-130.html↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑すり減った軟骨が再生することはありませんので、基本的に変形性膝関節症は治らない病気です。膝関節は体重がかかる「荷重関節」ですので、変形は日常生活の中で進行していきます。軽症~中等症であれば、 理学療法(リハビリテーションとして)、大腿四頭筋の筋力トレーニングやストレッチが行われます。これによって膝関節が安定し、膝の関節軟骨のすり減り方が軽くなり、進行が遅くなるとともに痛みも少なくなります。 リアラインメントといって、膝関節のバランスを最適化して、半月板損傷がある部位への荷重を軽減する方法もあります。 並行して、薬物療法も行われます。消炎鎮痛剤が、対症療法としてはもっとも広く用いられます。日本では湿布も繁用されていますが、国際的にはこれはあまり効果が無いとされています。経口服用するタイプの鎮痛薬を処方してもらうのがよいでしょう。進行例では、最近は一般的な鎮痛薬ではなく、麻薬製剤も使われるようになってきています。ヒアルロ ン酸の関節内注入(スベニール関節注)も、膝関節の摩擦を軽減するという意味では有用です。 重症例であれば、根本的に痛みを取り除くために、手術が必要です。膝関節を人工関節に置換する必要があります。 重症度を評価するためにMRI検査が必要です(レントゲンでは軟骨は写りません)。また、治療は、軽症~中等症であれば理学療法がと中心となりますし、重症であれば手術が必要です。 「整体(骨盤矯正)とか整骨院」ではなく、MRI検査が行える規模の医療機関(通常は総合病院)の整形外科を受診されることをお勧めいたします。 以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご丁寧な回答ありがとうございました。早速近医DrにMRIのある病院に紹介状書いていただきます。痛みがものの気持ちがすっきりいたしました。

整形外科 についての関連する質問