JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

1年ほど前から胃痛かと思い、胃腸科にかよっていたのですが、よくならず、昨年末に中規模の病院でMRI,CT,エコーをと

解決済みの質問:

1年ほど前から胃痛かと思い、胃腸科にかよっていたのですが、よくならず、昨年末に中規模の病院でMRI,CT,エコーをとりましたが、異常なしでした。
それでも肋骨周辺の痛みが止まらず、ネットで調べていたら、ヘルニアかもしれないとおもい、整形外科でMRIをとったところ、ヘルニアだったようです。
どうも胸椎らしく、そちらの病院では当面鎮痛剤で様子を見るようにとのことでしたが、色々調べると、胸椎は手術が必要とのことですが、良い方法はないでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
【情報リクエスト】こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。ご質問いただき誠にありがとうございます。 少し補足情報を下さい。①「色々調べると、胸椎は手術が必要」というのは、どこでどのように調べられたのでしょうか。 ②「良い方法はないでしょうか」というのは、「良い手術法はないでしょうか」という意味ですか? ③現在かかられている整形外科の担当医は脊椎・脊髄の専門医ですか? ④処方された「鎮痛剤」の名前と1日量(mg)を教えて下さい。 まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。   【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答を頂きありがとうございます。
① WEBの検索で、胸椎ヘルニアそのものの症状や、原因、治療を行っている医療機関、治療実績、また、画像検索でMRIの画像診断を公開されているWEBページでの写真等です。
勿論、手術が必要か否かという点も調べております。また、医療機関によっては整形外科、脊椎専門の整形外科、脳神経外科にわかれており、違いは何にあるのでしょうか。②はい、手術方法としてはどの様な方法が選択肢としてあり、安全性や、実績等。③現在かかっている整形外科は、総合病院ではありますが、特定機能病院ではなく、担当の整形外科の先生は日本脊椎脊髄病学会専門医・指導医の方です。④ ロルカム4mg / ノイロトロピン 4単位 / レバミピド 100mg
いずれも朝昼晩の3回です。よろしくお願いします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 まず、「医療機関によっては整形外科、脊椎専門の整形外科、脳神経外科にわかれており、違いは何にあるのでしょうか」というご質問に関してですが、「これは、「骨の中を、中枢神経(脳の続き)である脊髄が通る」という、脊椎の特性に由来します。神経疾患でもあるので脳神経外科からもアプローチされますし。骨の問題ということで整形外科からもアプローチされます。 専門医を認定する学会も2つに分かれているのが現状です。 【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html 【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】http://www.jssr.gr.jp/list/index.php ただ、脳神経外科をバックボーンとする専門医にかかった場合も、整形外科をバックボーンとする整形外科医にかかった場合も、手術の術式には変わりはありません。 正直、私個人は「胸椎は手術が必要」とは認識しておりませんが、手術的な治療を受けられるならば、経皮的レーザー椎間板減圧術を検討されてみてはと思います。http://www.senshiniryo.net/column_a/04/ 相談者様の仰る「良い方法」の定義いかんですが、非常に侵襲が少なく、有効性が期待できる治療法です。 以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問