JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

74歳の妻が両足のふくらはぎが、痛くて歩行がままならないです。このことについてご相談です。 ふくらはぎの両側にコリ

解決済みの質問:

74歳の妻が両足のふくらはぎが、痛くて歩行がままならないです。このことについてご相談です。
ふくらはぎの両側にコリのようなものが、見られます。ここをほぐすと少し楽になるようですが、しばらく動くとまた痛くて動けません。
シップを貼ったり 暖めたりして その場しのぎの対処をしています。
近所のお医者さんに見てもらいますが、加齢だからといわれます。 だけど痛くてどうしようもない時が、あり 何か良い治療法は無いかと思案しております。 よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。ご質問いただき誠にありがとうございます。 少し補足情報を下さい。 ①受診された「近所のお医者さん」は、どれくらいの規模の医療機関の、どのような専門性を有する、何科の医師ですか? ②どのような診察と検査を受けた結果、「加齢だから」と診断されたのでしょうか? ③奥様に持病や常用薬があれば教えて下さい。 ④奥様は腰を悪くされたことは無いでしょうか。 ⑤ふくらはぎは、変色していたり、腫れているというわけではないのですね? ⑥奥様に持病や常用薬があれば教えて下さい。 ⑦ふくらはぎ以外、例えば足の裏、太ももの裏、臀部などに痛みやしびれは無いでしょうか。 まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。 【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
本日は追加サービス(サービス名:電話でのやり取り)での対応も可能です(時間のすり合わせはさせて下さい)。ご検討下さい。 http://screencast.com/t/nUydYYcei ※追加サービスご利用をご希望の場合には、ボタンをクリックする前に、まずその旨をご返信ください(即時の対応が難しい場合がありますので、時間のすり合わせをさせていただくためです)
質問者: 返答済み 1 年 前.
①町医者に来るインターンの整形外科医です  ②足のレントゲン(2方向)と動脈硬化 ③高血圧の薬を飲んでいます。
④特にない  ⑤変色、腫れはない  ⑥ ③と同じです  ⑦左足の付け根が時々痛む(ふくらはぎとは連動して無いようです)  以上よろしくお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 その「町医者に来るインターンの整形外科医」を個人的に攻撃する意図はありませんが、多くの整形外科個人開業医は整形「内」科医であり、「湿布を処方できる放射線技師」の域を出ない場合が少なくありません。 そもそも、MRI検査を行われていないのであれば、診断からして眉唾ものです(レントゲンでは骨しか映らないからです)。 私見としては、背骨、肩、手、股関節、足といった領域の整形外科的問題に関して、専門性が無い個人開業医を受診することは、そのために要する時間とお金に見合わないことが大多数だと思います。 実際に奥様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、「坐骨神経痛」の可能性を考えます。坐骨神経痛は病名ではなく症状名で、坐骨神経が背骨を出るところから足を下り始めるところまでのどこかで圧迫されると臀部や、太腿の裏側、ふくらはぎ、足の裏のだるさやしびれ、痛みなどが現れます。http://www.oleg-oasis.com/zakotutuu/ZAK1.JPG↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑ 坐骨神経は4番目と5番目の腰椎の間から出て足の後面を下降する太い神経です。http://www.ou-hari.com/jpg/a-zakotu.jpg 最も多い原因は腰椎のヘルニアや腰椎変性すべり症、つまり腰の疾患です。http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-98.html 出来るだけ早い時期に検査を受けられ、症状の原因を特定すべきかと存じます。 下記のサイトから、日本整形外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。 【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html 以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他2 名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問