JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

68才 男性 マラソン歴10年 年2~3回フルマラソン タイム4時間弱 月平均200㌔前後走っています。 昨年12/7

解決済みの質問:

68才 男性 マラソン歴10年 年2~3回フルマラソン タイム4時間弱 月平均200㌔前後走っています。 昨年12/7 14:30~10㌔ラン。 夕方椅子から立ち上がるとき「右ひざ内側」に痛み。 12/8整形外科診察「半月板では?」とMRIを撮る。 結果「鵞足炎」「半月板損傷」の疑い。ひざのリハビリを開始。1/31症状が軽くなったので芝の上でラン。10分走るとひざの「ふともも内側付近」に痛み。現在違和感、坂を下るとき少し痛み、1時間30分近く歩くとチクチクとした痛みがあります。半月板の手術を勧められました。正座はできません。手術をするべきでしょうか? 治れば少しペースを落として走りたいのですが・・・。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】 こんにちは。 猫山と申します。各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。 前向きに手術を考えられるべきだと思います。 一昔前は膝関節の手術は大手術で、2~3ヶ月の入院を要するものでした。プロスポーツ選手などでも、「膝にメスを入れる」=「引退」と考えられていたような時期が長くあったと訊きます。しかし今は関節鏡下手術が行えますので、半月板損傷ならば手術時間は2時間程度、入院期間は3日前後(日帰りで行っているところもあります)、一般的には1週間後には杖無しで歩けますし、3ヶ月のリハビリテーションで全く元通りに生活できるようになります。半月板にはほとんど血流がありませんので、手術で縫い合わせるか、断裂部分を切除しない限りは治ることはありません(切除になるか縫合になるかは断裂が起きている部位によって決まります)。膝は荷重関節ですので、日常生活の中でも断裂は広がっていきます。よって、できるだけ早い時期に手術を行うのが最近の主流になってきています。ただ、術後のリハビリテーションは重要です。半月板損傷の治療のためのリハビリテーションは(手術前でも後でも)、理学療法士の指導に基づく筋力トレーニング的な内容です。受診されている病院にそのような設備・スタッフが揃っているのであれば、手術を受けられることをお勧めいたします。http://matome.naver.jp/odai/2142521829039180001↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑ 以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
本日は追加サービス(サービス名:電話でのやり取り)での対応も可能です(時間のすり合わせはさせて下さい)。ご検討下さい。 http://screencast.com/t/nUydYYcei
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問