JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして宜しくお願いします。 早速ですが 91歳になる実母の相談です。 昨年12月のはじめぐらいに 軽くですが

解決済みの質問:

はじめまして宜しくお願いします。 早速ですが 91歳になる実母の相談です。 昨年12月のはじめぐらいに 軽くですが トイレに行くとき 転んで 背骨の圧迫骨折しました。これまでも その箇所の
上か下も 一度圧迫骨折しています。現在は 痛みも だいぶ 和らいでいます。(骨粗鬆の薬を週に一度のんでいます)
デイサービスにも がんばって週3日行っています。今年になってからですが ふとんから 起き上がるとき時とかに 単なる膝折れじゃなくて 体全体が ガクガクガク となり あぶなっかしく すわりこみます。なんとか 手すりと 私の介助で 立ち上がります。歩くのは 伝い歩きです。
デイサービスでも 最近 ガクガクガク が ひどいと 言われました。
この症状は 圧迫骨折が 原因なのか 高齢者の筋力低下なのか 心配しています。
宜しくお願いします。                                   平野
こs
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。ご質問いただき誠にありがとうございます。 ①実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。本件について、医療機関で相談はされましたか? まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。 【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
いいえ まだです。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 ②圧迫骨折が起きた部位(胸椎の○番、腰椎の△番など)はおわかりでしょうか。手術は行わず、コルセット等を用いての治療だったでしょうか。 ③上肢の筋力は保たれているようですか? ④圧迫骨折はどれくらいの規模の整形外科医療機関で治療を受けられたでしょうか? 骨癒合後、リハビリテーションは行われましたか? 以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
本日は追加サービス(サービス名:電話でのやり取り)での対応も可能です(時間のすり合わせはさせて下さい)。ご検討下さい。 http://screencast.com/t/nUydYYcei
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご返信有難うございます。
あまりよくまかりませんが L3 L4 と 書かれています。 (新旧不明)
そのときは 痛み止めの カロナール を 15日分 だされました。「後は 骨が かたまるのを 待つだけです。」と 先生にいわれました。
コルセット等もなしです。リハビリも・・・
京都の太子道診療所です。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 圧迫骨折をされたのは腰椎の3番と4番ということになります。「骨が かたまるのを 待つだけ」で、コルセットも使用しなかったのであれば、椎骨が大きく変形して、脊髄や、脊髄から下肢に伸びる神経が圧迫を受けている可能性があります。下図で、L3(紫)、L4(緑)と書かれている部位、つまり、立ち上がるのにもっとも重要な役割を果たす大腿部の筋力が低下している可能性はあります。http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223624414.jpg↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑ また、お母様のお歳で、治療のために一定期間の安静を保ち、その後リハビリテーションを行わなければ、当然のように筋力は著しく低下します。 私見としては、背骨、肩、手、股関節、足といった領域の整形外科的問題に関して、専門性が無い個人開業医を受診することは、そのために要する時間とお金に見合わないことが大多数だと思います。 骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です。脊椎・脊髄専門医を受診されて、セカンドオピニオンを受けられることをお勧めいたします。下記のサイトから、日本整形外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。 【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医簿名】http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html 以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
大変わかりやすく有難うございました。早急に検討してみます。。

整形外科 についての関連する質問