JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。足立と申します。骨粗しょう症の薬についてご相談します。私は、63歳で、骨粗しょう症がかなり進んでいると

解決済みの質問:

はじめまして。足立と申します。骨粗しょう症の薬についてご相談します。私は、63歳で、骨粗しょう症がかなり進んでいると診断され(特に大腿骨)、ビスホスホネートという薬を処方されました。しかし、現在インプラント治療中のため歯科医からは、顎がとけてしまうリスクのある薬なので飲まないほうがいいと言われました。2件の整形外科で診察しましたが2件とも同じで私には効果のある薬とのことです。
しかし、今後もインプラント、抜歯もしなければならないかもしれません。
ドロンジュという顎の病気のリスクがあってもビスホスホネートを服用したほうがいいのでしょうか?
また、薬ではなく注射もあるとのことです。
将来、骨折して寝たきりになるのも困りますし、かなり怖い副作用の薬も不安です。
他に私に効果的な薬があれば助かりますが。。
最終的には、私自身が決めなくてはならないと思いますが、アドバイスをいただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①相談者様は、現時点ではまだビスフォスフォネート剤を開始されていないのだと理解してよろしいですか?

②がんの化学療法を行っている、ステロイド療法を行っている、放射線療法を行っている、糖尿病がある、人工透析を受けている、喫煙者、飲酒、肥満――これらの中に当てはまるものはありますか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.

ご連絡をありがとうございました。

①先日、ビスホスホネートを処方されましたが、歯科医の言われたことが気になりまだ飲んでいません。

②6年前に禁煙しました。飲酒は少々です。他はありませんが、6年前に半年の間に4回の回転性めまいをおこし、その後吐き気、めまい、動悸、不安感、胃腸障害など様々な症状がでており、心療内科よりメイラックスという抗鬱剤が処方されています。

毎日ではありませんが、気分のすぐれないときは、飲んでいます。

お返事が遅くなりましたが、よろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。

端的に申し上げれば、歯科治療が済んでからビスフォスフォネート製剤を使用されるべきでしょう。
「これからビスフォスフォネート剤による治療を開始する予定がある場合は、顎骨壊死(がっこつえし)の危険を少しでも減らすために、ビスフォスフォネート剤による治療を開始する前に 完全に歯科治療を完了させることが大切です」
http://mimatsu-wd.jp/wp/archives/488/ より引用

骨粗鬆症に対してビスフォスフォネート製剤がもっとも有効であり、第一選択薬として用いられていることは事実です。他にもお薬はありますが、有効性の点でビスフォスフォネート製剤には及びません。
ただ、歯科治療が終わるまでは他のお薬で骨粗鬆症をしのがれるのが良いと思います。
http://www.iihone.jp/cure/index.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

ビスフォスフォネート製剤を開始しても、歯科治療のために半年間は中止する必要がありますので、先に歯科治療を済まされるべきです。
http://jsbmr.umin.jp/guide/pdf/bronjpositionpaper2012.pdf (本件に関する学会の見解)

「ドロンジュという顎の病気のリスクがあってもビスホスホネートを服用したほうがいい」とは思いません。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

ご回答ありがとうございました。

最後に、「ドロンジュという~~~ 服用したほうがいい」とは思いません。と書かれています。

猫山先生は、服用しないほうが良いとのご意見ですね。

歯科治療も今回が最後ではないと思いますので、とても悩みます。

ありがとうございました。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
私は、歯科治療をしながらビスフォスフォネート製剤を使用すべきではないという意見ですね。

今回の歯科治療終了後にビスフォスフォネート製剤を開始、歯科治療の必要が生じたら休薬、という付き合い方が好適かと考えます。

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。
どうかお大事になさって下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
質問者: 返答済み 1 年 前.

お忙しい中ありがとうございました。

整形外科 についての関連する質問