JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 4088
経験:  医師、医学博士1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

膝十字靭帯断裂形成術におけるSTG法とBTB法について質問です。現状ではSTGが殆どと考えてよいのでしょうか?そしてST

質問者の質問

膝十字靭帯断裂形成術におけるSTG法とBTB法について質問です。現状ではSTGが殆どと考えてよいのでしょうか?そしてSTG法については2重束再建術が現状では殆どと考えてよろしいでしょうか?また、BTB法で人工靭帯を使うケースはどの程度ありますか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
現状ではSTGが主流です。2重束再建術が安定性が高いと考えられて多く行われています。人工靭帯は緩みや骨孔の拡大など長期的な成績が不良でほとんどおこなわれていません。
Dr_GATOをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございます。確認ですが、STGは人工靭帯使いますよね?BTBでは人工靭帯が殆ど使われないという理解でよろしいでしょうか?感覚値で結構ですがSTGでなくBTBをやる医師の割合はどの程度ですか?
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
STGでは人工靭帯を使うこともあります。BTBでは人工靭帯は殆ど使われていません。3割ほどだと思います。

整形外科 についての関連する質問