JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14317
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

よろしくお願いします。 11月11日に体中に痛みが走り、起きることも這うこともできなくなり苦労しました。 次の日

解決済みの質問:

よろしくお願いします。
11月11日に体中に痛みが走り、起きることも這うこともできなくなり苦労しました。
次の日には起きる事ができるようになり、動けるようになった頃かかりつけの
整形外科に行き診断してもらったら、ヘルニアかも・・・言われました。
その週のうちにMRIに入りヘルニアと診断されましたが、
一ヶ月経ちますが、左足のももの一部・足の裏の左半分の麻痺が続いています。
歩くのも早くは歩けませんし、長く歩くとつるような感覚で不自由です。
飲んでいる薬は、メチコパール一錠と(三食後)リリカ2錠(朝・晩)です。
このままずーっと完治しないのでしょうか?
もともとぎっくり常習者で、今回も軽いぎっくりからこうなりました。
どうすればいいんでしょうか?回答よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

「ぎっくり腰は、何かのきっかけで急激に(ギクッと)発症した腰痛のことで、医学 的な診断名ではなく、一般的な名称です。ですから、ぎっくり腰といっても人によって傷めた場所は違います」(http://chiro.lib.net/cure/gikkuri.html より引用)。

つまり、「ぎっくり腰」は、いくつかの原因によって生じる急性腰痛症の総称ですから、相談者様の過去の「ぎっくり腰」は既にヘルニアの発症で合った可能性が大だと考えます。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。
ヘルニアの重症度もわかりませんから、「
このままずーっと完治しないのでしょうか?」というご質問にこの場で確答することは困難です。

①受診されている整形外科はどれくらいの規模の医療機関のでしょうか? 診察医は脊椎の専門医ですか?

②主治医は「
このままずーっと完治しないのでしょうか?」というご質問に対してどのような見解をお持ちのようでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。


【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.

ありがとうございます。

脊椎の専門医ではなく、リハビリテーション外科・リウマチ外科の

整形外科の先生です。

今度行くのが薬がなくなるときですので、年末になると思いますが

その時にでも聞いてみようと思います。

本当に不安で仕方がなかったので・・・

聞いていただいてよかったです。

ありがとうございました。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。どうかお大事になさって下さい。

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です(脳神経外科でも扱われる領域です)。改めて脊椎脊髄専門医を受診され、診察を受けられることおご検討下さい。

下記のサイトから、日本整形外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問